海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ボーン・アルティメイタム/The Bourne Ultimatum
2007年11月15日 (木) | 編集 |
ボーン・アルティメイタムボーン・アルティメイタム
(2008/03/07)
マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン 他

商品詳細を見る



監督:ポール・グリーングラス
製作総指揮:ダグ・リーマン他
原作:ロバート・ラドラム
出演:マット・デイモン、ジョーン・アレン、ジュリア・スタイルズ、デヴィッド・ストラザーン、コリン・スティントン他

ジェイソン・ボーンシリーズ3作目となる本作品。シリーズ最高といわれるとおり、すご~く、すご~く、すご~く面白かったです。ほんと息つく暇がないくらいアクション、アクションの連続でした。もし前作2作品を未見or記憶の彼方に行ってしまっているならちょっとばかり復習&順を追って観た方がいいでしょう。これは3作品で完成なのでボーンが関わっていた“トレッドストーン”計画のことやボーンと関わってくる二人の女性の位置づけも抑えておいた方がより楽しめることでしょう。
中でもカーチェイスは今まで見たアクション作品のどのカーチェイスよりすごいかもって思ったくらいすごかったです。





今回はボーンはいろんなところへ行っちゃいます。モスクワ、フランス、スペイン、モロッコ、イギリス、ニューヨーク・・・・。

ボーンは前作で自分はCIAが作り出した最強の暗殺者であることまでは分かった。しかし、記憶を失ったまま。ボーンを抹殺しようとする暗殺者の手によって恋人のマリーを失い、ボーンの決意はこの陰謀を企てた黒幕を見つけ出し自分の記憶を取り戻すことへと固まった。恋人マリーもボーンが記憶を取り戻すことに一生懸命協力してくれていたからだ。ボーンを作り出したCIAでさえ彼の存在を恐れる。その男が愛するものを奪われた憎しみもプラスされさらにパワーアップしてひとりCIAに挑む。
すごいのなんのって、走る走るボーン、飛び回るボーン、戦うボーン、バイクを乗り回すボーン、挙句にものすごい迫力のカーチェイス。マッド・デイモンがインタビューで答えていたようにほんとボーンは誰よりも一番強い男だったかも。

 途中、ニッキーやパメラの協力も得るボーンなのだが、二人とも信用してよいのかどうか微妙な感じ。特にニッキーはいつも口数が少なく表情もあまり変えないので味方と思っていいのかわからない。でも、今回は重要なこと話してましたね。ダニエルズは新人工作員の頭の中をいじる実験に関わっていたと。そして最後のこの一件を伝えるTVニュースを見て初めて微笑を見せたような気がする。
 パメラもボーンのファイルを読み返し、ボーンがCIAに入った初期の頃を知りCIA内部で極秘に行われていた暗殺者を作り出す計画に突き当たり命がけでボーンに協力しようと思ったのであろう。この作品でのふたりの女性の存在は結構大きかったかも。

とにかくボーン達のような新人工作員を暗殺者に変える計画が“トレッドストーン”であってそのバージョンアップ作戦が“ブラックフライアー”ってことをある新聞記者のロスが掴んでしまったのが発端で、CIA内部に情報を漏らした奴を見つけるためにCIAがロスを張り込んでいたのだが、その記事を見たボーンもロスに接触。ボーンの生存を確認したCIAはボーンと情報を漏らしたダニエルズ抹殺へと動き出した。
とにかくボーンVS追跡するCIAと命令を受けた暗殺者の戦いであってとにかくすごかったです。
でもって、とうとうジェイソン・ボーンを生み出した研究所にたどり着き乗り込んだボーン。そこですべてを思い出すボーン(デビッド・ウェィブ)だった。しかし、カーチェイスのすえ殺さなかった暗殺者が再びボーンの前に現れ追い詰められたボーンだったが、銃を放ったヴォーゼンの弾があたったかどうかは分からないがボーンは川に飛び込んだ。
パメラの告発でヴォーゼンと博士は逮捕。ボーンを狙うものはいなくなり、この一連の陰謀は終止符を打つことになった。ようだが、最後のボーンの様子を見ると次作も期待できるかななんて思えるのだが、この辺でデビッド・ウェィブの人生をどこか静かに過ごさせてあげたいとも思う。

とにかくシーリーズものというとだんだんつまんなくなる傾向ありですが、この作品は完結編としてふさわしいくらい最高の興奮を味わえたかもしれないです。
テーマ:ボーン・アルティメイタム
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
ボーン最高!
上映は明日までで駆け込みで観てきましたが、劇場へ足を運んで良かった。完結編として、こんなにスッキリでボーンらしいラストを見せてくれたものは無いかなという感じでした。
手ぶれのカメラワークがまた迫力ものでいいのだろうけれど、欲言うともう少し押さえて欲しいかなと思いました。
というのはボーンのアクションシーンがバッチリ観たかったので。
ダイ・ハード4.0も良かったけど、今年のベスト1はボーンかなというくらい最高でした。
2007/12/19(Wed) 16:58 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
NoTitle
モリーさん、こんにちは!
劇場鑑賞間に合ってよかったですね。
すっきりラストなので、このままボーンを静かにそっとしてあげて欲しいと言う気持ちです。
久しぶりの大画面でのアクションを満喫されたようですね。でも手持ちカメラきつかったですか?
たぶん、ボーンはマクレーンより強いでしょうね。(笑)
TBありがとうございました。
2007/12/21(Fri) 18:27 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
もう20日までの上映となってしまったボーンシリーズの第3弾。 ようやく劇場にて観てくることが出来ましたが、上映も終盤になると1日一回の上映しかないんですね。 次は「エイリアンVSプレデター2」が観たいところ、前回とっても気になるシーンで終わりましたからね...
2007/12/19(Wed) 16:47:17 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。