海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Navy NCIS2 #13「過去からの復讐者」/The Meat Puzzle
2007年11月06日 (火) | 編集 |

NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン2 コンプリートBOX [DVD]NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン2 コンプリートBOX [DVD]
(2010/04/09)
マーク・ハーモンサッシャ・アレクサンダー

商品詳細を見る


ダッキーが半年もの間取り組んでいたあの病院に捨てられた3体のバラバラ死体の身元がついに判明。これがダッキーに対する警告だったとは・・・・・。ダッキーが関わる背筋が凍るようなお話でした。
ダッキーの助手のパーマー君のおかげと言うべきでしょうか、あの3体のバラバラ死体の身元が判明。1つ目がダッキーの知人の地方検事マイケル・グラントだと分かった。そして次々と死体の身元が分かった。
10年前に婦女暴行殺人容疑で逮捕されたビンセント・ハンランの事件で、被害者は死体が捨てられていた病院の女性でシルビアという大尉だった。物的証拠がなく判決は第二級殺人罪となった。彼女を検視し、裁判で証言したのがダッキーで、残りの死体はその裁判に関わった裁判官と陪審員長だった。
容疑者の男は医学生で志望は検視官だった。ダッキーの証言が決め手となって彼は有罪となった。男が復讐を企て次々と死体をバラバラにし恨みを抱いたダッキーへ挑戦状を投げかけたのかと思ったのだが、8年間服役後死亡していることがわかった。では、一体誰が?
復讐を望む遺族の仕業か。両親は葬儀社を営み、兄は剥製師。ちょっと怪しすぎる一家です。

次に狙われるのはダッキーだと、誰もがわかる。そういうわけでダッキーとダッキーママの護衛に当たることに。ダッキーが検視室にいる間は、ダッキーの唯一の家族である96歳のママの護衛にディノッゾが当たることになる。ダッキーママは痴呆症で何度も同じことを聞いたりして大変、おまけにコーギー犬が2匹。ディノッゾとダッキーママのやりとりそしてワンちゃん達の世話をするディノッゾっとやっぱり面白すぎる。しかし普段は誰がワンちゃん達の散歩をさせているのかしら?
そんな頃、ピンポ~ンっとダッキー宅に荷物が届いた。品はドラム缶で中には捜査官のバラバラ死体が。
引き続きディノッゾがダッキー宅の護衛で、ドラム缶の線をあたるためにマクギーとギブスが出向く。
その後自宅に戻ったダッキー。やっとケイトと護衛の交代が出来ると喜んで帰っていったディノッゾ。どうやらケイトの彼氏と飲む約束があるとか。でもその夜、護衛はケイトひとり。しっかりダッキーがさらわれてしまった。

ダッキー宅に残っていたバンのタイヤ痕から、やっぱりあの容疑者家族がつながり両親と兄の自宅へと捜査官達は向かった。しかし両親の営む葬儀社にはダッキーの姿はなくあせるギブスたち。兄の方を取り押さえ尋問することに。
そうこうしているうちにダッキーの助手のパーマー君のまたまたお手柄。アビーと協力し墓場から掘り起こした死体の歯と死体の血液型を別々に調べたら歯は容疑者の男ハンランのものだったが死体は別人。ってことはハンランの歯を抜き他人の死体に接着して埋葬。こんな仕業を出来るのはやっぱりあの一家しかいないでしょう。ってことでさらに兄を追及。やっぱりハンランは生きており母親の仕業。これって「プリズン・ブレイク」でもレイノルズ大統領の弟を死んだものとするために生きたまま歯を抜いて別人の死体と摩り替えたけれども、今回は死体と歯を別々に鑑定したパーマー君のお手柄ですね。なんだかどことなく頼りなげでいつもipodで音楽聴きながら仕事しているパーマー君って実はとっても優秀なダッキーの良き助手だったってことですね。パーマー君の株が急上昇ですね。

ダッキーは血を抜かれ、危機一髪のところで救出。再逮捕、服役を恐れその場でハンランは首を切り自殺。母親逮捕で事件は解決。

母親は兄より弟のハンランを溺愛しており、そんな息子に8年もの服役生活を送らせ、息子の人生を奪ったダッキーたちを恨んでの犯行だった。でも、ビンセントは殺人犯で服役することになったんですよね。恐ろしすぎるほどの母親の復讐劇。こんなことを考える母親だから息子も罪を犯す人物に成長してしまったのではないのだろうか。それとも本当に息子は無実だったのだろうか?しかし、夫や兄はあんな母親・妻に何も言えずにいたのだろうか?


一方、捜査官の間では恋の邪魔をして楽しんでいるんでしょうかね?ケイトってこの間の富豪の男性とはどうなったのかしら?社交クラブにディノッゾ入っているんですかね?忙しそうだけれどもプライベートも充実しているんですね。(笑)
アビーとマクギーは誰も邪魔する者もいなく上手くいっているみたいですね。歯ぎしり今でもひどいよっとアビーに言われるマクギーでした。(笑)


コメント
この記事へのコメント
足の指が手についていたり、歯を全部抜いて死体に付けたりとグロいシーンが満載のお話でしたね。
人の血って4分で抜けきっちゃうなんて凄いダッキーにはドキドキしちゃいましたよ。
あの家族は死体が大好きみたいで人とは思っていないような感じでした。

NCISのメンバーは相変わらず面白かったです。
ディノッゾは意外にもコーギーちゃんたちとも仲良しになったみたいですね(笑)。
男の人とワンちゃんには人気なのかしら。
2007/11/06(Tue) 18:32 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
ダッキー危なかったですね。歯を全部抜くってのはプリズン・ブレイクでも出てきましたが、考えただけでゾッとしますね。
墓を掘り返して死体の鑑定までされると予測しての犯行だったのでしょうかね?別の人生を歩ませたかっただけならあそこまでしなくってもっと恐ろしい鬼母を見たように思いました。

今回は捜査官達が相変わらず面白かったのが救いですね。
ワンちゃん達は覚えていてもダッキーママはもうディノッゾのこと忘れたかな?(笑)ディノッゾ適任でしたよね。
もしかして男性や犬だけでなくディノッゾって変な奴ですけれども意外と女性には尽くす方なのかもしれないですね。だって大学時代の彼女がいまだにTELしてくるくらいですからね。(笑)あれはただケイトをはめるために頼んだ彼女だったのかな?
TBありがとうございました。
2007/11/07(Wed) 12:39 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
ダッキーママ、なんだかんだでトニーは一応気に入られていた(?)感じ
でしたが、ケイトにはいきなり唾を吐きかけたりと、痴呆とはいえ、
強烈なキャラでした♪
ダッキーに初めて名前で呼んでもらい、嬉しそうなパーマー君でしたね~。
2007/11/08(Thu) 20:56 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
suubiさん、こんにちは!
痴呆とは言えやっぱり96歳でも女性ってことでしょうかね。ケイトにちょっと嫉妬を感じたんでしょうね。
トニーは気に入られたけれど、たぶんもう忘れられたかも?(笑)
ダッキーもおもしろキャラですが、なるほどあの母親でしたね。(笑)
助手のパーマー君は、地道に頑張ってきた甲斐がありましたね。今後のダッキーとの様子がますます楽しみです。
TBありがとうございました。
2007/11/09(Fri) 18:32 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あのバラバラ死体は、まだあったのか… という始まり。 トニーの言い方では半年ほど経っていたような感じでした。 パーマーが組み合わせたその死体の一つには、足の親指を手に移...
2007/11/08(Thu) 20:56:34 |  海外ドラマにハマる!
「CSI:NY」もびっくりのグログロシーンが満載(泣)。 ピーンチ~ダッキーに泣きが入るトニー。
2007/11/06(Tue) 18:22:32 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。