海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッド・ゾーン4 第55話「命の恩人」/Saved
2007年09月17日 (月) | 編集 |
デッド・ゾーン シーズン4 コンプリートBOX(3枚組)デッド・ゾーン シーズン4 コンプリートBOX(3枚組)
(2008/02/20)
アンソニー・マイケル・ホール.ニコール・デ・ボア.クリス・ブルーノ.ジョン・L・アダムス.デイヴィッド・オクデン・スティアーズ.クリステン・ダントン.ショーン・パトリック・フラナリー

商品詳細を見る


バーディ牧師の招待を受けたジョニーは聖ヘリテージ教会のパーティーへブルースを連れやってきた。そこで駐車チケットを受け取ったジョニーはスティルソンがジョニーに助けを求めるヴィジョンを見た。あのスティルソンがジョニーに助けを求める?驚いたジョニーだったが・・・・・。


スティルソンは、第52話「先駆者」でバーディ牧師から紹介されたエリス上院議員の娘ミランダと出会い婚約までするような仲になっていた。二人はクルージングに出かけていた。しかしスティルソンがアルコールを飲みすぎで眠ってしまったあとミランダは姿を消してしまう。事故なのか?

スティルソンにとってはエリス上院議員との繋がりは強力なもの。ミランダとの結婚は出世街道に直結する近道とも言えるもの。
しかしスティルソンはミランダを本気で愛しているようで、本当に彼女を心配してジョニーに彼女の行方を捜して欲しいと頼みに来る。っとそこまでジョニーもヴィジョンで分かってはいたものの実際となるとゾッとするジョニーだった。しかし、スティルソンに彼女を探すと約束し握手した時に見たヴィジョンはハルマゲドンが消えていくものだった。これはどういうことなのか??

バーディー牧師はスティルソンは父親の悲劇的な死以来、素晴らしい人間に変わったと言いつつマルコムの影に怯える様子を見せる。


沿岸警備隊がミランダを捜索するが彼女は見つからない。スティルソンはジョニーのヴィジョンでミランダの行方を捜すが、どうやらミランダはスティルソンの本当の姿を知り恐ろしくなり、父親に結婚をしたくないと相談するのだがエリス上院議員にとってもスティルソンとの繋がりは有力なもの。娘の結婚を望んでいた。仕方なくミランダは事故と見せかけて姿を消そうと自ら計画したものだった。ヴィジョンで真実が見えて来たジョニーだが、エリス上院議員にもスティルソンにもヴィジョンの内容を伏せ、一人でミランダを救おうとするのだが・・・。


ミランダはスティルソンが父親を殺した事実を知ってしまっているので、死の真実をもみ消けしたマルコムの組織に狙われる。公式に発表されている父親の死とは違う本当の死の真実を知ればスティルソンのホワイトハウスへの道を阻止出来ると考えたジョニーは、ミランダと一緒にあの殺人現場となったホテルの部屋へ向かった。
部屋を取ろうとしたジョニーは受付の方に名前を聞かれて「スミスです」って本名言ったはずなのに“なるほど”と納得されてしまった。これには笑っちゃった。しっかり受付係りの方はふたりを匿名を使わなければいけない仲だって思っちゃったのですね。(笑)

部屋に入ったジョニーとミランダ。しかし部屋はすべて内装を変えられておりホテルにあるべき聖書までない。マルコムの組織はジョニーがいずれこの部屋を調べに来ることを予測していたってことなんですね。ジョニーはその部屋からはヴィジョンが得られず、おまけにミランダまで連れ去られてしまった。


連れ去られたミランダの身を心配するジョニーだったが、突然スティルソンが緊急記者会見を行った。そしてその場でミランダもいる。スティルソンは彼女へプロポーズし婚約してしまった。この記者会見を不審に思ったジョニーだったがスティルソンと再び握手し、またハルマゲドンが起こるヴィジョンを見てしまった。ミランダと婚約することでまたスティルソンがホワイトハウスへの道を一歩進み始めたからだ。
止めなければいけないとスティルソンの元へ向かおうとしたジョニーだったが、マルコムの手下に胸を押され止められヴィジョンを見てしまう。それはミランダが誰かを守るためにスティルソンの婚約を受け入れたと言うものだった。
ミランダが守った人物はジョニーだったのだ。真実を知ったジョニーはその場ではこれ以上をあきらめて家に戻る。そして再び戦う決意をみせる。

しかし、あのホテルにあるはずだった聖書がジョニーの部屋に置かれており、それに触れたジョニーは初めてマルコムと言う恐ろしい男のヴィジョンを見る。マルコムはヴィジョンの中で聖書の一説を引用しジョニーに不気味なメッセージを送るのだった。“・・・・・・第3の統治者の位を与えよう。選ぶのは君だ。”


なんとも不気味なマルコムのメッセージでした。ジョニーの敵もスティルソンと言う一個人ではなく大きなものになりつつあるのをジョニーはひしひしと感じたことでしょう。
シーズン5でのジョニーのさらなる戦いがとても楽しみになってきました。

コメント
この記事へのコメント
メッセージだけでなく、マルコムのジョニーへのコンタクトの仕方も不気味でしたね。
触れられるとヴィジョンで全てが分かってしまうからなんでしょうけど。
ミランダもとんでもない人に好意を持たれてしまいましたね。
本当のスティルソンを知れば普通の人なら怖くなりますよね。
2007/09/21(Fri) 18:28 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
マルコムって本当に人間なんでしょうか?ジョニーへのコンタクトの取り方、そしてメッセージを考えると映画「ディアボロス」を思い出すような悪魔としか思えません。
ミランダ危険ですね。でも勇気があります。ジョニーが助けだしてくれること期待したいです。「24」ではミランダ役の方とレベッカ役の方が姉妹だったのでジャック・バウワーとジョニーが混乱しそうです。
スティルソンはあの父親に育てられたのであんな人間になってしまったって部分もあるのでしょうが、悪魔が目をつけるだけあって元々何か力を持っているんでしょうね。
TBありがとうございました。
2007/09/22(Sat) 09:18 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
のほほんと鑑賞していたら、何時の間にシーズン4もフィナーレだった(汗)。 スティルソンが登場とあればハルマケドンエピソード。そして、ここ最近のハルマケドンエピソードにはスターゲイトSG-1ではハモンド少将のドン・S・デイビス氏演じるエリス上院議員の登場...
2007/09/21(Fri) 18:20:40 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。