FC2ブログ

映画:8mm

8mm8mm
(2008/06/04)
ホアキン・フェニックスニコラス・ケイジ

商品詳細を見る


演技派俳優ニコラス・ケイジの演技が見たくって劇場に足を運びとっても怖い思いをした作品でした。しかしこの作品に「プリズン・ブレイク」出演のあの方が出演なさっていたと知り、ちょうどCSで放送していたので勇気を振り絞ってもう一度観て見ました。劇場で観たほどの怖さはなく十分ニコラス・ケイジの名演技を楽しめました。そしてもちろんあの方も発見!いましたよ。

私立探偵を営むトム(ニコラス・ケイジ)は、大富豪の未亡人から依頼を受ける。それは亡き夫の遺品のひとつ8㎜フィルムについて調べて欲しいと言うもの。8㎜フィルムに映っていたものは本当のことなのかどうかとうこと。いくらでも資金は出すというので家のローンや娘のシンディの学費のためになると考えたトムは引き受けることになる。

調査を進めるトムはやがてハリウッドの闇に潜む裏の世界にたどり着く。そしてすべてを知ったトムが取った行動は・・・・・。


ハリウッドに来たトムはアダルトブック・雑貨店で働くマックス(ホアキン・フェニックス)の協力を得て調べを進めていくのだが、トムはマックスのことを頭がいいのになんでこんな業界で働くのかって言っていましたね。あれはマックスと過ごすうちにそう感じた素直な気持ちなんでしょうね。彼のこっそり店で読んでいた本、“トルーマン・カポーティの「冷血」”や協力料に大金をくれるトムのことを実在の大富豪“ハワード・ヒューズ”と呼んでいたり、豊かな表現力から今回はトムが言う知的なマックスをじっくり味わえました。そしていましたよプリズン・ブレイクのアブルッチ役のピーター・ストーメアさんが。映画監督は監督なんですが裏ビデオ会の・・・。ダメじゃないですか。も~悪いことしちゃあいけません。でもって銃で首を撃たれてあっけなく終わり。始めて見た時はこれがアブルッチのピーターさんだとは気がつかなかった。劇場で観たときは内容把握するだけで精一杯でとにかく早くこの暗い映画館を出たいと思うぐらい気持ち悪かったのですが、今回はTVの小さい画面だったと言うことと2回目と言うこともあってかニコラス・ケイジの豊かな表情にホアキン・フェニックスやピーター・ストーメアさんの演技を落ち着いて味わえました。


監督:ジョエル・シューマカー
脚本:アンドリューケヴィン・ウォーカー
出演:ニコラス・ケイジ、ホアキン・フェニックス、ピーター・ストーメア、ジェームズ・ガンドルフィーニ、アンソニー・ヒールド他

コメント

だいぶ前にテレビで見ました。
アブルッチの人、監督役でしたか。記憶にないです。
「ソプラノズ」ではボスのジェームズ・ガンドルフィーニが下っ端役だったでしょうか。
荒っぽいことに拒否反応のおとなしい探偵のはずのニコラス・ケイジが、最後悪者を殺すのにサイレンサー銃をするっと使ったところに目が点になりました。
嫌がっていたわりにはちゃんと持つものは持ってるんだな、と。
相変わらず私は…(笑)。

こんにちは。もちろん観ましたよ!
でもこういう話だと知らなかったので、正直観たあとで、
観たことを心から後悔してしまいました…。
かなりしんどくて、途中で観るのを止めようかなと、
何度も思った作品でした。でもきっと、
意外と人気があったんでしょうね。2も作られたし…。
世の中、病んでる人が多いのかしら。
TBさせていただきます。

yasishiさん、こんにちは!
TVで何度か放送していましたね。でも、暗い劇場で観てとっても怖い思いをしたのでもう見たくないっと思っていたのですが、アブルッチ確認にまた観ました。2回目なので今回はちゃんと観れました。(汗)
アブルッチはあのスナッフ専門の監督さんでしたよ。あっけいない最後にちょっぴり笑っちゃったです。
「ソプラノズ」のボスのトニーはそうですこの作品では下っ端でしたね。変態おやじでした。(笑)
トム(ニコラス)はサイレンサー銃を手に持ったのですが最後のとどめはふたりとも確かナイフだったように思います。素人のトムそしてあの精神状態での後始末ですから銃でとどめをさすよりとっても怖かったです。
yasishiさんはこの作品でのジェームズ・ガンドルフィーニの間抜けっぷりを楽しまれたのでしょうか。ニコラスにコテンパンにやられてしまいましたものね。(笑)

Anneさん、こんにちは!
Anneさんの熱~いアブ様への想いが伝わって私をもう一度見る勇気を持たせてくれたのだと思います。でも、2回目はじっくり俳優さんたちを楽しめました。真っ暗な劇場で観た時ほど怖くなかったです。
でもアブ様登場待ちで見ていたら相当きつかったかもしれませんね。
同じ題名の2がありますが、この作品とはぜんぜん関係ないみたいですよ。
TBありがとうございました。

またまたお邪魔します。
りり・かさんも劇場でご覧になったのですね。
この映画、ニコラスファンの間でも、2回は観たくないという方も多かったのですが、私はこの映画のニコラスにははまりました!!
気持ちを抑えた演技、美しい表情(とくに目)が印象的で。
初めて劇場で観た時、壊れていくニコラスに共感して泣いてしまいました(^^;

P・フェニックス、P・ストーメア、ガンドルフィーニ、キャサリン・キーナーと錚々たる共演者も見応えありましたよね。
怖かったけど強烈に心に残る映画です。

atsukoさん、こんにちは!
そうなのです。ニコラスの演技見たさに劇場に行ったのですが、その日は観客は数人でまばら、男性がほとんど、真っ暗な劇場内って環境もあったのか、も~すっごく怖かったです。今回はピーターさんを確認するために再挑戦したのですが、見てよかったです。おかげで落ち着いてニコラスの素晴らしい演技が楽しめました。atsukoさんは劇場でしっかり楽しまれたのですね。素晴らしい。

>美しい表情(とくに目)が印象的
これ!これですよね!!ニコラスの魅力って。ハンサムは3日で飽きるがニコラスの飽きない理由かも?
「ナショナル・トレジャー」もあの筒を持って走るニコラスががなんとも?って感じに思え避けていたのですが、見てみるとやっぱりジョン・ボイドに向けるあの目の表情にやっぱりニコラスよねって感動しちゃいました。なので2も楽しみです。

私はニコラスの演技が好きなだけでatsukoさんのように詳しくないのでまたいろいろ教えてくださいね。楽しみにしています。

「ハンサムは3日で飽きる」

同感です!((笑))
観れば観るほど、知れば知るほど、噛めば噛むほど(?)はまってしまいます。
珍味のようです(爆)
いえ、本当は私にはいい顔に見えます、はい。

atsukoさん、こんにちは!
ニコラスは味わい深い素敵な魅力のある方ですよね。素敵な方はたくさんいるのですが、ニコラスは飽きがこないです。
あの顔は恋愛物向いてないよねって知人に言われてしまいましたが、私は「天使がくれた時間」はとってもいい表情みせてくれてストーリーもよくって好きな作品です。
非公開コメント

トラックバック

8mm

8mm (1999) Directed by Joel Schumacher "Starlight; star bright, first star I've seen tonight, I wish I may; I wish I might, Have this wish I wish tonight."  8mm トム・ウェルズ(ニコラス・ケイジ)は、口の堅さに定評があり、口コミで依頼を受けている探...

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com