海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:トゥモロー・ワールド/Children of Men
2007年09月19日 (水) | 編集 |
トゥモロー・ワールド プレミアム・エディショントゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
(2007/03/21)
クライヴ・オーウェン

商品詳細を見る


最近のLOST3の展開ってもしかしてこの作品「トゥモー・ローワールド」や「イーオン・フラックス」のよう???


監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー他

舞台は子供が誕生しなくなった2027年の地球。人類に残された希望は一人の少女。地球の未来は・・・・・。


人類は原因不明の不妊で18年にに及んで子供の誕生が見られない。希望を失った人類は、互いに戦い秩序をなくし崩壊していた。

イギリス、エネルギー省で働くセオ(クライヴ・オーウェン)は、反政府組織のリーダーとなってしまった元妻ジュリアン(ジュリアン・ムーア)に力を借りたいと頼まれる。それは一人の少女の通行証を手に入れること。一度はジュリアンの依頼を断るセオだったが、ジュリアンを思ってか通行証を手に入れたセオは組織の者達と車に乗り込み検問所を突破しようと向かっていた。しかし途中で何者かの襲撃に遭いジュリアンは撃たれて死んでしまう。そして組織のアジトに逃げ込む。そこでセオは少女から驚きの告白を受ける。少女は妊娠しているのだ。
ジュリアンは少女を実在するかどうかも定かでない人類救済の活動している組織“ヒューマン・プロジェクト”へ送り届けようとしていたのだ。
しかし反政府組織内でも計画を阻止しようとするグループがいたのだ。セオは未来の希望を信じ彼女を必死でヒューマン・プロジェクトへ送り届けようとする。

激しい戦場の中を赤ん坊の泣き声が響く。人々は泣き叫ぶ赤ん坊に希望の光を見たように手を伸ばす。なんとも異様な雰囲気。
そしてヒューマン・プロジェクトとの待ち合わせ場所にはトゥモロー号が・・・・。


トゥモロー号に乗った少女と赤ん坊の未来は、もしかして「イーオン・フラックス」のような世界だったりして??
ジュリアン・ムーアはあっという間にスクリーンから消えてしまうのだが意外と存在感は大きかった。クライヴ・オーウェンは「インサイドマン」の時のように何かを訴えかけるような強いイメージがありなかなかよかった。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
最近の「LOST」を観ると、もしかしたらトゥモロー・ワールドの世界なのかって思いますよね。
キャラは素敵でしたが、CMのイメージで観にいったら可なり違うものでした。後半、私にはショッキングすぎでした。
2007/09/21(Fri) 18:46 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
最近のLOSTってやっぱりモリーさんもこの作品浮かびましたか。もしかして?なんて思っちゃいますよね。どうだろう??

SF系にしたら話は重かったですね。劇場に観に行かれたらきっとすごくショッキングだったことでしょうね。内容はCMイメージの印象とはちょっと違いますしね。
ラストは明るい未来なのかそれとも・・・。でしたしね。このラストの続きのようなお話が「イーオン・フラックス」って思っちゃいました。こちらはもっと気楽に見れますよ。
TBありがとうございました。
2007/09/22(Sat) 09:28 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
レイトショーで今、観て帰ってきました。2006年 アメリカ=イギリス 脚本・監督:アルフォソン・キュアロン イギリスミステリー界の女王P.Dジェイムズの大ベストセラー「人類の子供たち」を完全映画化したものです。今までの絵空事を描くようなSF映画ではなくリア
2007/09/21(Fri) 18:30:39 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。