FC2ブログ

映画:クライシス・オブ・アメリカ/The Manchurian candidate

クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディションクライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション
(2006/09/08)
デンゼル・ワシントン

商品詳細を見る


監督:ジョナサン・デミ
出演:デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リーヴ・シュレイバー、ジョン・ヴォイド、ヴィラ・ファーミガ、ジェフリー・ライトetc

フランク・シナトラ主演の「影なき狙撃者」のリメイク作品らしいのですが私はそちらは未見です。なのでこの作品だけを見ての感想となりますがゾッとするようなスリリングさが味わえなかなか面白かったです。
政治を洗脳で操る????どうやって洗脳するのかって?これは見てのお楽しみ!

簡単に言っちゃえば子離れできない母親が自分の思い通りに息子をするために恐ろし~いことを考えちゃったってことかな。そしてその母親から逃げるために取った息子の最終手段は?

メリル・ストリープってなんだか昔より綺麗で品があって貫禄十分で素敵だったなぁ。


湾岸戦争下のクウェートでマルコ大尉(デンゼル・ワシントン)率いる小隊はイラク支配下の地域で偵察任務に就いていた。しかし敵の攻撃に遭いみんなを救っってくれたのはショー軍曹(リーヴ・シュレイバー)だった。そしてショー軍曹は名誉勲章に値する人だと。っと現在は前線を退いたマルコ少佐はボーイスカウト隊員達の前で戦地での出来事(記憶)を語っていた。そこへマルコの戦友であったメルヴィン伍長が現れる。彼はマルコに変な夢を見ると言う。マルコが話してた通りの記憶はあるのだが何かが違うと・・・・。どうしてもレイモンド・ショー(リーヴ・シュレイバー)が救ってくれたと言うのが分からないと。

一方、レイモンドは上院議員の母エレノア(メリル・ストリープ)の強力な後ろ盾を得て副大統領候補とまで登りつめていた。
その頃、マルコはTVから流れてくるレイモンドを見るたびに悪夢に悩まされていた。記憶の何かが違う?マルコは自分が何者かにマインドコントロールされているのではと疑うようになり、メルヴィン伍長を訪ねたり戦友でもある科学者を訪ねたりショー議員を訪ねて謎を解き明かそうと動き出した。

レイモンド自身も知らぬ間に母の手によってマインドコントロールされていたのだ。亡き夫の果たせなかった夢をレイモンドに継がせるために。
ジョーダン上院議員(ジョン・ヴォイド)の娘ジョスリン(ヴィラ・ファーミガ)との恋を母親に邪魔され、母への反抗心からレイモンドは陸軍に入隊する。そして湾岸戦争に派遣される。この時からすでに母親の恐ろしいまでの計画は始まっていたのだった。自分の思いに反抗する息子をなんとしても取り戻し自分の理想の息子にするために。マルコの小隊はこの母親の計画の犠牲者、利用されたのだった。頭や体にチップを埋め込まれて。

マルコの情報で真相に近づいたジョーダンと娘も洗脳されたレイモンドが手をかけてしまった。これでもう一人の副大統領候補がいなくなったわけだが、次なる副大統領候補アーサーも今度は洗脳されたマルコが襲うことになった。しかしその計画を知ったレイモンドは恐ろしい母親から逃げることは出来ないと悟ったのであろう。この悪夢を終わらせるためにレイモンドは・・・・・。

母親の操り人形のようになってしまったレイモンドが狙撃手のいる方を見ているあの表情が、マルコのレイモンドに向けた言葉“君の心の奥にはまだ本当の君がいる”が重なりとても悲しいものを感じた。彼の人生はいったいなんだったのか・・・・。
もし頭の中にチップを埋め込まれた大統領が誕生していたら?もしかして政界にはレイモンド以外にも・・・。なんだか考えただけでも恐ろしい。


コメント

非公開コメント

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com