FC2ブログ

24-Twenty Four シーズン5 am7:00~am11:00

シーズン4で死んだことになっているジャック・バウワー。
彼はLAからそう遠くない街にフランク・フリンという名で製油所で働き普通の生活を送っていた。
でもよく1年半ほどLAからそれほど遠くない街で生活していて誰にも見つからなかったものだ。

ところがある日のTVニュースを目にしたジャック。そして彼の生存を知る4人のうちの一人から緊急電話が。
もうフランクはジャック・バウワーに戻るしかなかった。

ジャックがどんなふうにしてまた復帰するのかなって思っていたら、第1話目からすっごいふっ飛ばしようでビックリすることばかり!またまたジャックから目が離せなくなってしまった!!今回もクロエっていい仕事しますね。ジャックのよきパートナーですよね。

いきなりパーマー元大統領が暗殺され、そのニュースが全米に放送される。ミッシェルはトニーの振り切ってCTUに戻るしかないと自宅を出て車に乗り込む。しかし車は爆破されミッシェルは・・・。助けに出たトニーも・・・。そして現在もCTU現役中のクロエは出勤中に何者かに追われジャックに緊急連絡。フランク(ジャック)も自分の生存を知る4人が次々と襲われてはジャック・バウワーに戻るしかない。ヘリを奪ってクロエ救出に向かう。しかし、部屋を借りていた女性の息子デレクまで連れて行かざるを得ない状況になってしまった。
デレクはフランクおじさんの変貌振りに驚くがどうすることも出来ない。フランクおじさんはデレクの母親ダイアンにLAまで息子を迎えに来るように連絡する。

LAに到着したジャックはクロエと合流。しかしクロエは尾行されていたのだ。犯人の一人から情報を引き出した。ミッシェルやトニーやクロエを狙ったのはパーマー元大統領暗殺をジャックの犯行と見せるため。だがなぜパーマー元大統領は暗殺されたのかが分からない。

ジャックは暗殺現場の部屋へクロエの力を借りて潜入。そしてパーマー元大統領のPCから隠されたある住所と名前を得る。それはある空港の手荷物責任者の名前。デレクをダイアンに引き渡す場所をその空港に。しかし、ここで大きな問題発生。デレクを無事ダイアンに引渡し仕事に取り掛かったはずのジャックだったが、怪しい人物達を見たデレクはジャックに知らせなきゃって空港内に走って行ってしまった。
その頃ジャックは手荷物責任者を尋問中。しかし爆発が起こり様子をうかがっている隙にその男は薬を飲んで自殺を図ってしまった。当然デレクは空港内。その爆破はテロリスト達によるものでデレクも人質の一人になってしまった。

空港内に身を潜め秘かにテロリスト達の様子を探り、CTUと連絡を取り合うジャックだったが、デレクのことジャック・バウワーが空港内に身を潜めていることがテロリストたちに知れてしまう。これは大統領補佐官の一人カミングスがテロリストに手を貸していたからだ。テロリスト達の要求はアメリカとロシアの両大統領の間で交わされようとしている対テロ同盟の調印式を中止させること。人質を取り大統領に調印の破棄を迫っていたのだ。ジャックの指示によって突入隊を動かしていたCTUだが、ジャックの連絡が途切れたあとの指示内容にも信頼を寄せ突入3秒前でようやくジャックの暗号をリンが解読。ハラハラ!何で誰もジャックの暗号分かんないのよ~。リンがいなかったらどんなことになっていたか。でもって作戦変えて見事人質救出となったのですが、人質の中にテロリストの仲間が潜んでいてごたごたした中逃げ出しちゃいました。どうやらなんかのキーを持っているみたい。

調印式も無事済みホッとしている大統領だが大統領夫人が大変なことに。カミングス恐ろしい行動に出ました。夫人を襲ってせっかく夫人が見つけ出した証拠もって行っちゃいました。


どうやら本当のテロの目的はまたまた違うもののようですね。なんだかミサイル?かなんか積み出してたし。パーカー元大統領が国家に関わる重大なことを夫人を通して大統領に伝えようとしていて暗殺されたらしいってことは分かってきたのですが、次なる恐ろしいことが・・・・。

ところでカミングスってシーズン4の時からずっと大統領補佐官としていたけれどいつから今のテログループと関わりがあるのだろうか?前回のテログループとは別物グループですよね??

そしてCTUったらジャックなしではダメなのか?すっかりCTUを1年半も離れていたジャックに頼りっきりだぞ。




コメント

非公開コメント

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com