FC2ブログ

映画:ダイ・ハード4.0/Live Free or Die Hard

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)
(2007/11/07)
ブルース・ウィリス

商品詳細を見る


今回の作品の監督はケイト・ベッキンセイルの旦那様レン・ワイズマン
出演はもちろんジョン・マクレーン役のブルース・ウィリス、そしてジャスティン・ロング(マクレーンの今回の相棒ファレル役)、ティモシー・オリファント(テロリストリーダーガブリエル役)、クリフ・カーティス(FBIのボウマン役)、マギー・Q(マイ役)、そしてこの作品で私がちょっぴり気になった俳優ジョナサン・サドウスキー(トレイ役)etc・・・


シリーズ4作品目そして12年ぶりの続編っということですが、あれから12年のマクレーンも年を重ねいいおやじになり、あんなに小さな可愛い娘がお年頃になってもあいかわらずマクレーンの不運の一日はスリル満点・アクション爆裂で面白かった。


すべての機能がデジタルで制御された現在にサイバーテロが発生。機能不能となってしまったアメリカを救うのはあのローテク男マクレーン。

FBIのサイバーテロ対策室のシステムが何者かによってハッキング。ただのハッキングなのか?ブラックリストに載ったハッカー達の捜索が開始されたが、次々にハッカーたちは殺されていく。その一人ファレルを連行してくるように言われファレルの自宅に向かったマクレーンだったが、何者かに襲撃される。これが今回のマクレーンの相棒との出会いだった。



いつも映画を見る前にあまり予備知識を入れないで見に行く私なのですが、鑑賞中にどうしてもこのストーリーどこかでみたような???ってのが頭から離れなかったのですが、ハリソン・フォード主演の「ファイヤーウォール」でした。「ファイヤーウォール」には「24」のクロエ役のメアリー・リン・ライスカブが出演していたり、そして今回のテロリストリーダーが「ファイヤーウォール」のハイテクテロリストリーダー役のポール・ベタニーになんとなく似ていて(ベタニーよりは迫力に欠けましたが)、そしてマクレーンがジャック・バウワーに見えたりなんかして頭の中が大混乱。つまり「ファイヤーウォール」+「24」のようなストリー。
でも、パトカーでヘリを撃墜する前のマクレーンのぼやき、犯人と最終的には無線で会話するマクレーンそして戦闘機に撃墜されても不死身なマクレーンはやっぱり「ダイ・ハード」でした。いやいや、久しぶりにこれが「ダイ・ハード」だったわねなんて思い出して楽しめました。

そして監督が違ってもマクレーンの私生活の流れはそのままで、シリーズ2で一度は縁りを戻しかけた妻とはシリーズ3で愛想をつかされ離婚、そしてシリーズ4ではその後の惨めな生活ぶりを送っている様で、マクレーンの戦う相手もマギー・Qが冒頭に登場したあたりで今までのテロリストの妹がマクレーンに復讐のために挑むのかと思ったのですが違っていました。これはシリーズ全部見ていなくてもこの「ダイ・ハード4.0」を始めてみた人でも楽しめる作品ではなかったでしょうか。

今回マクレーンの相棒となったのがITオタクのハッカー君のジャスティン・ロングはまだまだあまり知られていない若手俳優さんのようですが私的にはキアヌ・リーヴスにどことなく似ているようで今後の活躍も期待できるのではなんて?
でも、私的にはジャスティン・ロングより気になったのがハイテクテロリストグループの技術屋さん、ガブリエルにこき使われていたトレイ役のジョナサン・サドウスキーがとっても気に入ってしまった。まだまだ出演作少ないようですが今後の活躍をぜひ期待したいななんて思ってしまった。「LAX」や「NCIS」にゲスト出演しているんですね。「LAX」はさらっと見終わってしまったので記憶にないですが「NCIS」はHDDに取り貯め中なので後ほどゆっくりジョナサンの活躍を鑑賞してみるつもり。


笑えるシーンも多々あり。
ファレルを連行するつもりで自宅を訪れたマクレーンが襲撃に遭いファレルが興奮状態なのにマクレーンは平気みたいでファレルが「こんなの慣れてるの?」なんて聞くシーン。
追跡され襲撃され続けるマクレーンがぶつくさ文句を言いながらパトカーで反撃のシーン。
忍者のようなマイ(マギー・Q)とマクレーンの戦い。車に激突されても不死身のマイ。
すべてのデジタル機器が不能となってマクレーンがファレルのハッカー友達に連絡を取る手段はローテク無線。
娘ルーシーはパパが大嫌いなんていっておきながら、さすがマクレーンの娘って思える多々シーン。これにはファレル君も同感の台詞がありましたよね。髪がないけどそっくりって。
などなど・・・・


とにかく「LOST」でもやもやの気分を吹っ飛ばしてくれるほど楽しかったの「ダイ・ハード4.0」でした。
そして、「16ブロック」で素晴らしいくらいのくたくたおやじ警官を演じたブルース・ウィリスですが、年を重ねたものの無敵なおやじマクレーンはまだまだ健在。次シーズンもマクレーンの活躍見てみたいです。


コメント

楽しい映画でしたね。
ありえないけど、これがマクレーン!?
迫力満点でやっぱり映画館で観て良かったという映画でした。
因みにダイハードは地上波放送を観てから劇場へ行ったダイハード初心者でしたが充分に楽しめました。



ダイ・ハードの世界へようこそ

モリーさん、こんにちは!
モリーさんは、ダイ・ハード初心者だったのですか。
>ありえないけど、これがマクレーン!?
そうなのです。これがマクレーンワールドなのです。(爆)
ちなみに地上波は何シリーズを放送していたんですか?私は見逃したです。でも、今回の作品は前回と関連するのはマクレーンの歩んできた私生活ぐらいでお初でも十分楽しいと思います。ぜひ次回作もお願いしたいです。ところでモリーさんは「24」ダメでしたよね。「ダイ・ハード」が楽しめるのだったら絶対大丈夫ですよ。私は冒頭は混乱したくらいですから。ジョン・マクレーンとジャック・バウワーが。

ところでモリーさん、またまたお気に入りみっけちゃいましたよ。(汗)トレイ君です。彼は、「NCIS」第6話に出演しているらしいです。モリーさんはもうご覧になったのですよね。私はまだHDDに眠っています。見るのが楽しみです!
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

ダイ・ハード4.0

スタートレック、ヴォイジャーのトゥヴォック役のティム・ラスさんが出演しているというので食い入るほど観てきました♪迫力満点だし、スピードはあるし言うことないくらい面白かった!この迫力を体験するには劇場へ行かなきゃ損!という感じでした。スターウォーズネタもあ

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com