海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:「シックス・センス」 シャマランを探せ! 
2007年07月09日 (月) | 編集 |
シックス・センス コレクターズ・エディション シックス・センス コレクターズ・エディション
ブルース・ウィリス (2005/03/02)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


監督:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン
出演・・・
ブルース・ウィリス→マルコム役(精神科医)
ハーレイ・ジョエル・オスメント→コール役
トニー・コレット→リン役(コールママ)
オリヴィア・ウィリアムズ→アンナ役(マルコム妻)
ドニー・ウォールバーグ→ヴィンセント役
M・ナイト・シャマラン→ドクターヒル役
ミーシャ・バートン→キラ役
etc

医師の家系に生まれたシャマランが医師の道に進むのを辞め、幼い頃から興味のあった映画製作の道へ進み、世界中の大注目を集め大成功を収めたとしても知られるこの作品。そしてハリウッドでも注目の監督であることは多くの方がご存知のことでしょう。

ご存知の方が多いのかもしれませんが、私はシャマランが毎回、自分の作品に出演していたことは知りませんでした。先日、HANさんにシャマランは毎回自分の作品に出演しているということを教えてもらったばかりでした。タイミングよく先日地上波で放送していたので、今度はシャマランがどんな役で登場するかを楽しみに見ることにしました。
なるほど!いましたよシャマラン。前回見たときはストーリーに気をとられていて見逃していたではないですか。しっかり登場していましたよ。なんだか嬉しくなっちゃった。おまけに始めて観た時は最後になるまでぜんぜんわからなかったラストの衝撃シーンになるヒントがバンバン出ているではないですか。じっくり観てみるとマルコムはコールとしかちゃんと会話成り立ってないんですよね。映像トリックにスッカリだまされていたってことですよね。こうやってシャマラン作品を見直してみるのもいいものですね。HANさん、おかげで「シックス・センス」を再度楽しく見ることができました。ありがとうございました。そして、今後のシャマラン作品ももうひとつの楽しみ方「シャマランを探せ!」で2倍楽しめそうです。次回作はアニメの映画化だとか?これにはシャマラン出演は無理かな?
そしてますますシャマラン作品好きになっちゃったです。

ところで、なぜシャマランは色にこだわるのかな?「シックス・センス」でも赤がたくさん使われていましたが「ヴィレッジ」でも赤は不吉な前兆として扱っていました。これもシャマランのこだわりなのだろうか?

さて、私のようにシャマラン登場を知らなかった方、いったいどこにシャマラン登場していたでしょうか?

そして、シャマランがいっぱいいっぱい出演している作品はどれでしょうか?



お話はご覧になられた方が多いと思うので簡単にまとめておきます。

精神科医のマルコムは以前救えなかった患者ヴィンセントに自宅で銃で撃たれる。そしてその患者も自殺してしまう。

一年後、マルコムはヴィンセントと同じような症状のコールという少年の治療をすることになる。
コールは普通の人にはない鋭い感覚「第6感」を持っていた。それは、死んだ人が見えるという能力だった。「自分が死んだとは思ってないんだ」このコールの言葉はキーワードでしたね。
コールはその自分の能力に怯えていたが、マルコムは死者は鋭い感覚を持つコールに何かを伝えたいのだということに気づく。
そしてコールはその能力を受け入れることが出来るようになり、マルコムの治療は終わる。
マルコムの治療が終わりだと悟ったコールはマルコムに助言する。
奥さんと話すときは眠っているときがいいよと。
そして衝撃のラストでしたね。でも、マルコムはこれで安らかに・・・。

はじめてこの作品を観た時はず~と最後まで、コールにしかマルコムの姿が見えないんだということに気がつかなかったな。う~ん、うまく出来ているなぁ~!!

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
シャマランは。。。
Dr.ヒルですね☆(v^ー゚)
この作品は1度目は何も知らずに、2度目はマルコムの秘密を知った上で改めて見るという『1粒で2度美味しい!? 』作品ですよね♪

でもこの作品の主役はB・ウイルスではなく、なんといってもH・ジョエル・オスメント君ですよ!『フォレスト・ガンプ』のガンプ君の息子役でもイイ味出していますが、あの物悲しい表情がなんといってもGood!

車内でママとおばあちゃんのハナシをするシーンは何度見ても(≧∇≦)b です♪
2007/07/09(Mon) 20:58 | URL  | akko #-[ 編集]
2度美味しい!すごく美味しい!
akkoさん、こんにちは!
あたり!なんて。akkoさん、ご存知でしたか。シャマランの存在。私は2度もじっくりこの作品味わいましたよ。どこで出てくるかワクワクして見てしまいました。いい作品ですよね。シャマラン自身ご自分の作品をすごく愛していらっしゃるのでしょうね。

>マルコムの秘密を知った上で改めて見る
そうですよね。ラストを知った上でも楽しめるまさに二度美味しいですよね。その上シャマランのおまけ付です。美味しすぎる!!

うん、うん。車の親子のシーンはほろっと行きそうなよいシーンですよね。
そしてH・ジョエル・オスメントvsダコタ・ファニングはいい勝負かも。

次なるシャマラン作品すっごく楽しみになってしまいました。
2007/07/09(Mon) 22:13 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。