FC2ブログ

映画:パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド/PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc)パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc)
(2007/12/05)
ステラン・スカルスゲールド,ビル・ナイ ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ

商品詳細を見る


監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演・・・・
ジョニー・デップ→キャプテン・ジャック・スパロウ役
オーランド・ブルーム→ウィル・ターナー役
キーラ・ナイトレイ→エリザベス・スワン役
ジェフリー・ラッシュ→キャプテン・バルボッサ役
ジョナサン・プライス→ウェザリー・スワン総督役
トム・ホランダー→ベケット卿役
ジャック・ダヴェンボート→ジェームズ・ノリントン提督役
ビル・ナイ→デイヴィ・ジョーンズ役
ナオミ・ハリス→ティア・ダルマ役
ステラン・スカルスガルド→ビル・ターナー役
ケヴィン・R・マクナリー→ギブス航海士役
リー・アレンバーグ→ピンテル役
マッケンジー・クルック→ラゲッティ役
チョウ・ユンファ→キャプテン・サオ・フェン役(新キャラ)
etc


「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ3作目。
2作目はディスにーランドにいるような面白さで始終ジャックに笑わされっぱなしで大人から子供まで楽しめる作品って感じでしたが、3作目はあっちでもこっちでも取引があってちょっぴりお話複雑。う~ん、海賊物ストーリー感じで2作目よりもちょっと難しかったって方が多かったのかな。でも今回もジャックにはいっぱい笑わせてもらいました。

そして2作目でデイヴィ・ジョーンズ操る深海の魔物クラーケンに飲み込まれたジャックが気になるところですが・・・。

そしてウィルとエリザベスの恋の行方が気になるところですが・・・。

時代は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れた東インド貿易会社が巨大な支配力を持つようになっていた。そして、さらなる世界制覇を目論むベケット卿は邪魔な海賊たちを次々に処刑していた。そして海賊は絶滅寸前まで追いやられていた。しかし、処刑台に立った少年が歌いだした歌。次第に処刑台にならぶ海賊皆が合唱。それは海賊たちの決起の時を伝えるものだった。海賊たちが生き残るために伝説の9人の海賊長が評議会を開き立ち向かうことになった。その海賊長のひとりがジャック・スパロウ。デイヴィ・ジョーンズの海の墓場の追いやられた彼を救い出すためにバルボッサ、ウィル、エリザベスたちが向かことになる。そのために先ず地図を手に入れるためにシンガポールへと向かう。

海賊長たちの評議会の場所を押さえ一気に海賊撲滅を図ろうとするケベックの目論み、そしてシンガポールの海賊サオ・フェンとウィルの取引、ベケット卿とジャックの無理やりな取引、そしてジョーンズとスパロウの過去の取引、バルボッサとジャックのブラックパール号の強奪戦、ウィルの目的、ジョーンズとティアの関係などが絡み合って話が複雑に。


 海の墓場に追いやられたたったひとりのジャックは自分の頭の中の声とお話。可笑しなジャックがいっぱい。
 海の墓場から元の世界へ戻るために船を揺らして真っ逆さまにするジャック。
 ジョーンズとの心臓をめぐっての激しい戦い。
そして、ジョーンズに心臓を刺されたウィルを救うために取ったジャックの行動。これジャックの一番の見せ場だったような。悲しむエリザベスを抱いてブラックパールに戻るジャック。すごくかっこよかったよ。
油断した隙にバルボッサにブラックパール号を持って行かれてしまったジャック。でもちゃっかり地図だけはね。(笑)
今回もいろんなジャックで楽しませてくれました。

そしてお宝探しが大好きで、他の海賊と出来ない取引したり借金したりしてるジャックだけれども根はとってもいい奴なんだってよ~くわかりました。

ヴードゥ教預言者ティアの体に封印された海の女神が元の姿に戻ったシーンは映画「ゴーストバスターズ」のマシュマロマンを思い出しちゃった。どんな姿になるのかと思っちゃったよ。

3作目はいっぱいいっぱい盛りだくさんでやっぱりとっても楽しかった!!

そしてエンドロールが終わると・・・・・。今までのおまけの中で最高かも?これお見逃しなく!!


PS.そしてローリング・ストーンズのキース・リチャーズが掟書の番人&ジャック・スパロウパパとしてジョニー・ディップのたっての要望で特別出演!!

コメント

エンドロール後

あのラストは観ないと終われないって感じでしたね。

>ジョーンズに心臓を刺されたウィルを救うために取ったジャックの行動。これジャックの一番の見せ場だったような。
このシーンのカッコいいジャック・スパロウとジャック・スパロウがいっぱいの両シーンがとっても印象に残りました。

キースリチャーズのこと観終わって知ったのですが、だからギターを持ってたんだ~と今更ながらでしたが、面白かったです~。

色々ジャックに今回も・・・

モリーさん、こんにちは!
かっこいいジャック、お間抜けジャック、頭の中のいっぱい、いっぱいジャック・・・。やっぱり、ジャックは面白い!!
でも、あのウィルに○○○させるシーン、そしてエリザベスを・・・あのシーンのジャックは最高にカッコよかったですね。凛々しいお顔でした。

ジャックパパキースは味ありでしたね。あのジャックがちょっぴり小さくなっていましたものね。ママはあれま!でしたね。(笑)
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

5月25日に公開されて、やっと今頃、観に行けました♪前回の「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」ではエンドロール後のオマケを知らず観られなかった。今回はチケット窓口にてエンドロール後にも続きがあることの説明があった。まあ、そりゃそうだよね

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com