海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリズン ブレイク2 第4話「罠の代償」/FIRST DOWN
2007年06月17日 (日) | 編集 |
ニカに車を用意してもらったマイケル&リンカーン兄貴は・・・・。

野獣ベリックがいつもより鼻息荒い!何が起きた!きゃ~観たくないわよこんなシーン。ニカよ~く頑張りました。でも・・・・・。


ひたすらユタに向かって車を走らせるティーバッグ。道中大変なことを・・・。この人?はやっぱり檻から出すと一番やばいかも。早く見つけてマホーンさん。


そして前回登場のなかったアブルッチが大変なことに!!


トゥイーナーは女の子の車でユタへ向かう途中。冷や汗たらり?いや、そうじゃなくってあれれれれ。そんな展開ありなの?

それから依存症の会に通うサラ。あなたに近づいてくる男にはもうちょっと警戒心もったほうがいいんじゃありません?


マイケル&リンカーン・・・
ニカに用意してもらった車を走らせているマイケル達。しかし彼らをつける一台の車が。
もちろん、ニカをつけてきた元刑務官の野獣ベリックと盗人ギアリー。
そして激しいカーチェイスの末、マイケルたちはベリック達に拘束されてしまった。おいおい、リンカーン兄貴、すっかりギアリーの運転裁きに負けておりますよ~ん。どう見ても子羊を追う闘牛みたいに見えちゃいましたよ。
そしてベリックの目的は懸賞金ではなくユタにあるウェストモアランドのお金ってことが分かりました。マンチェったら本当に全部話してしまったのね。
もう、元は普通の人間であったろうベリックもここまで来れば囚人たちと同等レベルまで堕ちてしまったっというしかないですね。ちょっとは映画es「エス」の影響を受けてちっとは人間味を見つけてあげてたのに。もう救いようがありません。
どうやらマイケルたちにユタの金のありかの正確な場所に案内させる魂胆。


そのころFBIでは、マイケルが刑務所に入る前に情報収集していたパソコンのHDが川から見つかった。マイケル、川にゴミを捨ててはいけません。

橋から転落した車からマイケルと思われる血液型が出たと言うのに、事件をマイケルだと発表するなとイライラ気味のマホーン。


リンカーン兄貴がベリック達の車をパンクさせたので足止めを食らう。ギアリーはスペアタイアを購入するためにひとり町まで戻れと言われ行ってしまったのでベリックと3人は近くにあった小屋でタイヤを待つことに。
ニカがお色気作戦を仕掛けるのだが。いったいいつマイケルとそんな計画したのかな?
どこまで、マイケルに協力する気だったのかな?やっぱりサラに「本気」だったって電話してるの聞いてしまったから気が変わったのかな?
せっかくニカのおかげてベリック達から逃れることが出来たマイケルとリンカーンだったが、ニカが反撃に出た~。そりゃそうだろう、マイケル。都合のいいときだけ利用すんな~。でも、用心していたリンカーンは弾を抜いていたのでニカの負け。ちょっと、ニカが可哀相。
ニカを残して車で去っていくマイケル&リンカーン。


トゥイーナー・・・
道中、車のラジオでは自分達脱獄囚のニュースが流れたりパトカーを見かけて冷や冷や。
でも彼女の希望でモーテルに泊まることになってしまった。彼女はトゥイーナーを怪しんでいるのかと思ったらタイプだって??ありゃりゃ~。


サラ・・・・
ランスと名乗ってサラにべったり張り付いているケラーマン。サラの心をつかむために名演技中。
サラとケラーマンが2人でいるところにマイケルから電話が入っちゃった。しっかりケラーマンチェック中ですよね。やばいですよ、マイケル。ベリックから逃れられてもマホーンと政府が追ってきそうですよ。


アブルッチ・・・
おおっ、マフィアらしくいつの間にご帰還?ビシッとスーツで決めて妻子の元へ戻った。やっぱり、部下がいっぱいいるお人は違いますね、一番に会いたい人とご対面ではないですか。でも、フィバナッチをどうしても自分の手で片付けたいアブルッチはまんまと裏切られてしまったではないですか。なんだかとんとん拍子に話が進んでおかしいなって思ったらやっぱりでした。でも、最後はかっこよく&マフィアらしく神の元へ召されたかしら?でも、なんだかあっけないよな。脱獄メンバーの中で一番だもんね。これも部下が大勢いたせいってことなんでしょうね。残念。妻子はつかの間の再会で終わってしまった。ちょっぴり可哀相。


ティーバッグ・・・
腕をくっつけてもらったけれどもどうやら調子がよくないみたい。パーキングで車を止めてトイレで指を傷つけるが痛みがない。
人がトイレに入ってきたので慌てて外へ出るが、今度は警官に職務質問を受ける。
警官:「あんた、どこから来た」
ティーバッグ:「俺? ちょいとそこの便所から来た」も~この台詞、思いっきり笑ってしまいました。
まだまだ警官とお話続いて、妖しい車の持ち主をトイレで出くわした男にしてしまって、自分は軍人だったと言って嘘ばっかり並べてうまくその場を交わしてしまいました。
その様子を見ていた人のいい男がテクテク歩くティーバッグを車に乗せたから大変。同乗していた娘に手を出してアイロン握る父親と戦ったみたいだけれど素手のティーバッグが勝ってしまったようで車を奪って出発してしまった。恐るべし脱獄囚です。マホーンこっちを先に見つけてくださいな。次々被害者でそうです。


ついに車の事故は偽装だったとマホーンにばれてしまった、マイケル。時間稼ぎは出来たけれどもマホーンは手ごわそうだぞ~。
ところでマホーンはマイケルと未だに捕まえきれないシュールズが重なって見えるようだ。マホーンのイライラの根源はそこからきているみたい。

お話の最後にはリンカーン兄貴のインタビューが収められているよ。お見逃しなく!



コメント
この記事へのコメント
…こんにちは
どうしてくれよう、脚本家。こんなひどい仕打ちが待っているくらいなら、先週の登場なしも我慢するべきでした。ひどいよう。
すっかりプリズン・ブレイクを見る熱があせてしまいました。続きは見るのですが、あとはティーバッグのがんばりにひたすらかかっています。
ぜひあのくっついた手で、マホーンを血祭りに…って違う違う、そんなドラマではなかったですね。は~。
TBさせていただきますね。
2007/06/17(Sun) 08:42 | URL  | Anne #s9q1IrwY[ 編集]
残念
Anneさん、こんにちは!
アブルッチファンにとっては大ショックですよね。でも、いきなり1番にってのはビックリでしたね。
見る気力がなえてしまったようですね。でも、プイズン・ブレイクはユニークキャラが多いのでちょっとは気がまぎれることをお祈りしております。
ティーバッグは嘘もうま過ぎですね。マホーンもだませるか?
TBありがとうございました。
2007/06/17(Sun) 13:58 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
手配書の写真もみない警官はどうかと思いますが、PBだからですね、ともいえないニュースが先日ありましたよね。
すぐに治療が必要な結核患者を「元気そうだったから」という理由で通報せずに通過させてしまったという入国管理官。PBの世界もドラマだからではないような気がしてきました。
ティーバッグさんも「あやしくなさそうだから」という理由で見逃されたのでしょうか。
手配写真が出回っていなくても、あの人はかなりあやしいと思いますが。
アブルッチがあんなことになった今となってはティーバッグさんが期待の星ですから、野放しでいいんですけどね。

ギアリーはなんてもったいないことをしていたのでしょう。あんな素晴らしい運転技術を隠しておくなんて。
TBさせていただきます。
2007/06/18(Mon) 10:27 | URL  | yasishi #QiVE7iGo[ 編集]
マホーンは本当に切れ者?
yasishiさん、こんにちは!
マホーンは切れ者の意味が違うような気がしてきました。(笑)やっぱり、あのお薬精神安定剤なんじゃないかと彼の言動を聞いていて思ってしまったです。

ギアリーの運転技術すごかったですね。刑務官なんてやらないでレーサーになれば野獣になることもなかったのに。(笑)

ティーバッグは嘘がうますぎです。見たからに十二分に怪しいですよね。
皆さんTVニュースや手配写真見てないのかしら?囚人が大勢脱獄したんですよね。これもPBならではなのか?
TBありがとうございました。
2007/06/18(Mon) 18:53 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あらら、これは意外。まさか…ねえ。
2007/06/18(Mon) 10:28:25 |  newささくれた日々
Prison Break2 #4 First Down プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1ニカをつけてマイケルたちを独自に追っていたべリックとギアリーは、ついに二人を拘束する。懸賞金目当てかと尋ねるマイケルに、ユタの500万ドルが目当てだと豪語するベリック。一方、テ
2007/06/17(Sun) 08:42:34 |  Comedy Show
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。