海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングスーパーマン3 #64「聖なる剣」/Talisman
2007年05月11日 (金) | 編集 |
SMALLVILLE / ヤング・スーパーマン 〈サード・シーズン〉 セット2 [DVD]SMALLVILLE / ヤング・スーパーマン 〈サード・シーズン〉 セット2 [DVD]
(2009/05/13)
トム・ウェリングクリスティン・クルック

商品詳細を見る


SMALLVILLE / ヤング・スーパーマン 〈サード・シーズン〉 セット1 [DVD]SMALLVILLE / ヤング・スーパーマン 〈サード・シーズン〉 セット1 [DVD]
(2009/05/13)
トム・ウェリングクリスティン・クルック

商品詳細を見る



今日のお話はまた洞くつに関するもの。シーズン2第31話「ナマンの伝説」の続きのようなもの。なので勝手に覚えている限りをおさらい。間違って覚えていたらすみません。

元々はこの洞くつはカワチ族の土地。壁画はカワチ族の古くからの言い伝えだと信じていた。しかし洞くつの壁画のことを知ったライオネルがこの土地を買収し管理することになってしまった。なのでカワチ族でさえ自由に洞窟に入って壁画を見ることが出来なくなってしまった。
クラークはバイクを走らせていて洞窟に落っこちちゃった。その時、壁画を調べるカワチ族の少女カイラがいた。カイラは空から降ってきた不死身のクラークを見て伝説のナマンだという。クラークはカイラからナマンのことを聞きあまりにも自分にそっくりなのでビックリする。それ以来クラークは密かに洞窟に来て壁画を調べている。
まあ、こんなところかな?っで今日のお話・・・・。



洞窟から出土品を見てもらうためにライオネルはカウチ族の教授を洞窟に呼び出す。出土品はパラックと呼ばれる古代の調理器具。同行した助手であるジェレマイアは持ち出して調べようとするが禁止だと言うライオネルに刃向かってそれを岩で砕いてしまう。すると中から短剣が出てきてしまい、それを手にしたジェレマイアはクラークと同じような力が宿った。そしてそのまま逃走する。

クラークをナマンだと信じる教授はジェレマイアと剣の行方を捜して欲しいとクラークを訪ねる。
伝説では剣はナマンに手渡すまで守るために手にしたカワチ族に力が宿る。そしてまたふさわしくない者が手にした時は剣は砕け散ってしまう。

ライオネルとレックスは剣を巡って火花がバチバチ。

力が宿ったジェレマイアは自分がナマンだと思い込むようになり、ナマンの敵サゲスを倒そうと思い始める。サゲスはライオネルだと思うジェレマイアはライオネルを狙う。
その前に止めなければならないと思ったクラークはジェレマイアを呼び出すが、力は互角でも弱点は隕石ではない。剣で刺され重傷を負うクラークだがジョナサンが傷に手を当てると手から光が出て傷が治る。ジョー・エルに授かった力まだ残っていたんだ。
傷が治ったクラークはジェレマイアを再び止めようと向かった。戦うクラークとジェレマイア。剣は捕らわれたライオネルを助けに来たレックスとライオネルの目の前に落ち、急いで手にしようとした二人だが剣は砕け散ってしまう。伝説どおりであればライオネルかレックスがクラークの敵ってこと。どっちが先に手にしたのでしょうかね?
ジェレマイアはその後あのレックスが入れられていた病院に入れられる。


ラナは留学の許可が出たが奨学金が出ないのであきらめようとするが、タロンを売り留学することを決める。

ピートはお母さんが連邦裁判所勤務になりそうで父親ともめているので悩んでいる。

このカワチ族の言い伝えってなんでこうまでクラークの未来に似ているのかな?不思議???
コメント
この記事へのコメント
レックスかライオネルか?
剣が砕け散って、だんだんシーズン3のラストに向けてのお話が見え隠れしていますね。
2007/05/15(Tue) 19:23 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
このカワチ族に古くから伝わる「ナマン伝説」に絡んだお話は今後もありなような気がしてきました。カワチ族にすばらしい能力を持った預言者がいたのでしょうかね?

剣が砕け散ったのを見たクラークはこの二人のうちどちらかが自分の敵になると恐ろしく思ったでしょうね。
2007/05/16(Wed) 10:36 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。