海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ER12 第250話「あのとき何が・・・・」/WAKE UP
2007年05月06日 (日) | 編集 |
今日のお話には新たにスタッフ・ドクターのクレメンテとして映画作品で多々活躍されているジョン・レグイザモさんが登場していたのでビックリでした!!しばらくドラマで活躍するのかしら?それとも他のドラマにも多々出演されているのかしら?

スーザンがアイオワシティーの病院で終身在職権を得てERを突然去ってしまったのでその代わりのスタッフドクターだとか。ちょっと嫌味なスタッフ・ドクターとしてしばらく活躍するのだろうか?ケリーにニューアークの二の前はダメと釘を指されていたようだが・・・。

ルカは6年間の昏睡から目覚めた患者ブレアのお世話。少しずつ元気を取り戻しているような彼女。しかし、事件の断片が見え始めそして再びこん睡状態に陥ってしまった。再びこん睡状態に陥った彼女にルカは事件の真相を話すのだが・・・・。事件はとてもとても悲惨な・・・。

ブラッドは自分を捨てた父親チャーリーがどうしても許せないでいる。ましてや10代の子供達に10代で親になるととんでもない苦労が待っているってな講義をしているところを目にしてしまう。この2人が歩み寄れるのは弟がカギなのかな?(弟役はヤングスーパーマンのピート役の人)

アビーは乳房切除の患者を説得し手術を受けさせる。術後ボーイフレンドが再び訪ねてくる。うまくいくといいねこの二人。アビーは自分もマンモグラフィー検査を受けるみたい。初めて受けるみたいだけれど結果がよければいいけれどね。ドキドキのアビーでした。

レイは相変わらずバンド演奏後、女の子と・・・・。でも、どうやら次週はニーラお姉さまにどやされておりました。なんてったって彼女は・・・。あ~ぁ、レイどうなるの?ところで、昔にもそんなドクターいたような???名前なんだっけ?確かケリーに首を言い渡されていたような?デイヴ・マルッチとか言ったけ?違ったかな?
しかし、ニーラもよくレイとルームメイトやっているよな。
コメント
この記事へのコメント
モリスはレイの取り巻きに無視され、結果的に胸をなでおろすことになりそうですね。
どこまで悪運が強いんだか(笑)
ルカとブレアのところは最近のぎすぎす感がなくて素敵なシーンだな、と思っていたのですが、事件も救いがないし彼女の病状も闇の中だし。
それでも語り聞かせるルカに安心感はありました。
クレメンテさんは何をやらかしてきたのでしょうね。
野次馬なのでそんなことばかり気になります。
おー、マルッチ、懐かしい名前です。
クビになりましたけれど、結構好きなキャラクターでした。
貧困層の薬入手情報とか詳しかったし。
2007/05/09(Wed) 13:17 | URL  | yasishi #QiVE7iGo[ 編集]
ふふふモリス・・・・
yasishiさん、こんにちは!
モリス達ってあのまま無視されお開きしたのかしら?(笑)
ブレアに優しいルカを見てるとそんな優しさがサムの重荷だったのかななんて。なんたって片意地張って生きてるサムですからね。
クレメンテ嫌われキャラ路線でしょうかね?海外ドラマをたくさんご覧になられているyasishiさんでもお初顔でしたか。ってことはドラマ初挑戦なのでしょうかね?また映画に戻られるようなすぐさよならのキャラでしょうかね?過去が気になりますね。

マルッチ懐かしいですよね。彼もレイ同様のやんちゃ坊主的存在でしたね。スーザンに怒られたりね。私も登場中は結構好きキャラでしたよ。
次回放送・次々回放送ではなんだかレイ大変なことになって行きそうですよ。マルッチ2かしら?
2007/05/10(Thu) 00:37 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。