海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クローザー #3「正義の行方」
2007年04月24日 (火) | 編集 |
死体安置所で死体探し中のブレンダ。うまい具合にガブリエルが通りかかって2人で3日前に届いた若い娼婦の遺体を捜す。強盗殺人課が見つけた彼女の顧客リストに大物の名前がずらり。で事件がブレンダの殺人特捜班に回ってきたってことらしい。

容疑者を5人に絞り捜査が開始。ブレンダが外出中の大物の尋問はプロベンザに任せた。あら?前回のヘヤースタイルの一件からプロベンザは信頼できる奴枠になったのかしら?それにしてもプレベンザって名前どうしても風邪薬の名前に聞こえちゃうんだけれども・・・・。(汗)

容疑者の中にホープの8年来の友人入国管理局の職員ダニー・ブースがいた。取調べは手加減してくれっと頼むホープだったが・・・。


殺害現場となった彼女の家を捜索に行ったブレンダは彼女の恋人の情報を得て帰ってきた。その男はロシア系マフィアのボスでイワン・コズロフの愛人の子ニック・コズロフ。
コズロフ一家の主な収入源はコカイン。しかし、愛人の子であるニックは一家の大事業に加わることすら出来ず、下っ端のような娼婦の世話係・ポン引きにしか就かせてもらえない。
犯行時間にはどうやらFBIに拘束されていたと言う。これにはFBIの裏事情がありあり。

一方、ホープの部屋で入国管理局のダニーを取り調べるブレンダは容赦なし。入国管理局を通過して入国したロシアの女性である被害者ゾーヤ。このダニーが絡んでいるの見るからにわかるよね。おまけに、この入国管理局のダニーとマフィアの子ニックが手を組んでいたってのもすぐに読めちゃう。でもこのドラマは犯行を推理して解いていくものじゃあないんですよね。ブレンダの話術が見ものなんですよね。

そんなころガブリエルは1人気転を利かして、過去に似たような事件がないか独断で調べる。

ブレンダはゾーヤの通話記録から彼女のロシア人の友人を探し出し、彼女から重要な情報を得る。ダニーに入国スタンプをもらって入国。元締めはニック。などなど。

ところがFBIが市警にやって来てゾーヤの件は引き継ぐと言って資料を全部持っていかれてしまいました。でも、ここでガブリエルが探し出した過去の同類の事件ヴァニアという女性の資料がものを言う。やったねガブリエル。
もう一度ダニーを取り調べ、巧みな話術でダニーにFBIとの面会の約束を取らせたブレンダだった。
FBIはコズロフファミリーの麻薬犯罪を揚げる為にニックを泳がせているのだ。大事件を揚げるために殺人を見逃すなんて許せないブレンダはそれを逆手にとって反撃に出た。正義のために。

ニックを再び逮捕し、尋問するブレンダ。ニックの一番痛いところをガツンと突きました。ニックがどうして生まれたかって。お父様が亡くなった後はどうなるかって。それニックが一番恐れていること。そしてお抱え弁護士まで巻き込みました。兄弟の報復に怯えたニックは自白して拘留され保護される道を選んだが、これがブレンダのFBIへの反撃。陪審は皆FBIの証言を信じニックはまた釈放され兄弟の報復を受けると分かってのこと。

ブレンダは、ゾーヤ殺害現場となった家を格安で購入。ちょっとぞっとするけれどこれブレンダのゾーヤへの思いやりなのかな。自分の死の真相を暴いてくれたブレンダを呪って出たりしないものね。

ニックは兄弟達に殺されこれでコズロフ帝国の安泰かと肩を落とすFBIのお友達フリッツにダニーを突いてコズロフを崩し、彼とフィアンセを保護してあげてと言うブレンダだった。
どうやらこんな情にもろいブレンダが魅力なんだろうなフレッツにとって。
あらら、猫ちゃんまで巧みな話術で捕まえてしまったブレンダでした。

ご紹介
josetangelさんの記事

コメント
この記事へのコメント
> でもこのドラマは犯行を推理して解いていくものじゃあないんですよ

どうやらそんな感じですね。
被疑者は限られていて、CSIだとあっさりしている最後の取り調べのシーンをもっとじっくりみせるという感じですね。昔のドラマでいうと、「刑事コロンボ」タイプ?
DNAの解析に一週間かかる、というのはやはりCSIとは違うドラマのようですね。(笑)
ところでポープもあんな悪いお友達がいたら、あとで問題にならないでしょうか。
2007/04/24(Tue) 13:41 | URL  | josetangel #mQop/nM.[ 編集]
ぞっとしたのは死体を捜す初めのシーンと事件のあった物件に住んだこと。
最初のシーンで死体は何とも思わないのだから、事件のあったところに住むのも何とも思わないのでしょうね。
ニックの一番痛いところを突いたあたりは爽快感がありますが。

2007/04/24(Tue) 15:23 | URL  | モリー #-[ 編集]
josetangelさん、こんにちは!
「刑事コロンボ」「女ホレイショ」だなんてうまい!!ホンとそうですよね。
DNAの鑑定もやる気なしぞろい?なので遅いのでしょうかね。
ダニーはホープのどんな友達なんでしょうかね?真面目で良い奴???
TBありがとうございました。私もチャレンジしてみます・・・・。
PS.記事の紹介ありがとうございます。
2007/04/24(Tue) 19:24 | URL  | りり・か #-[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
最初の死体のシーンは「ツイン・ピークス」思い出しちゃったです。事件現場に住むのはブレンダらしいっとしか・・・・。きっと亡霊が出てきてもお話するんじゃないですか???
うまくFBIを逆手にとってニックにガツンとやってくれましたね。
TBありがとうございました。
2007/04/24(Tue) 19:29 | URL  | りり・か #-[ 編集]
ゾーヤ、まだ18歳だったのに…。
お友達の話からして、とても辛い日々を送った上に
あんな残念な亡くなり方をしちゃったんですよねー。
その前に起きた似たような事件の被害者女性も…。
ニックやブースは下の方なのでしょうが、ちゃんと
ブレンダやってくれたので、(やり方はどうであれ)
スッキリです。
TBさせて頂きます。
2007/04/24(Tue) 20:20 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
まだ18・・・
suubiさん、こんにちは!
18と言えば見かけは大人。でも心はまだまだ子供ですよね。ブレンダは同じ女として自分の娘と言ってもいいくらいの子供達だからこそFBIのやり方に反撃したのでしょうね。母は強し!でしょうかね。
TBありがとうございました。
2007/04/24(Tue) 23:33 | URL  | りり・か #-[ 編集]
そうでした、最後FBIのお友だちに入国管理官のファイルを渡してましたね。
麻薬からではなくなりそうですが、無駄にはならなそうですね。
ブレンダはマフィア壊滅を台無しにしてしまって恨まれるだろうな、とうっかり思ってしまいました。
TBさせていただきます。
2007/04/27(Fri) 13:31 | URL  | yasishi #QiVE7iGo[ 編集]
ブレンダは情にもろい
yasishiさん、こんにちは!
今回はyasishiさんのブレンダおばあちゃん説ですっかりブレンダの顔に見入ってしまいました。(笑)表情一つ一つが面白かったです。
そうそうブレンダは、最後にはFBIのボーイフレンドにちゃんとマフィアをつぶす資料と入国管理局の男とそのフィアンセを守ってあげてといっていましたね。その情の厚いところがボーイフレンドが彼女を好きな理由なのかもしれないですね。
2007/04/28(Sat) 22:34 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
3日前に殺害された娼婦。彼女の顧客リストが見付かった事で殺人特捜班の事件となる。と、いう事でブレンダは必死に遺体を探しています…。顧客リストは大物揃いで、中にはポープの友人で入国管理局のブースの名前もあった
2007/04/24(Tue) 20:19:53 |  海外ドラマにハマる!
録画スケジュールの関係で毎回ばっちり観るのは不可能なのでリアルタイムで観られるときだけになりそう。既に2話は見逃しています。ブレンダの職場には敵が沢山いるということだけは把握できました。普段、観ているドラマからすると地味なタイプという印象を受けます。主人
2007/04/24(Tue) 14:18:32 |  海外ドラマ☆SFワールド
#3TheBigPicture前の記事で、主人公ブレンダがかわいいだとか、甘いだとか書きましたが、大変失礼しました。これはもう、「女ホレイショ」として私は大賛辞を送りたいと思います。すばらしい!痺れるような「仕事師」ぶりです。単なるおばはんと相手を油断させておいて、...
2007/04/24(Tue) 13:32:29 |  C.S.I.MiamiFilesAnnex
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。