FC2ブログ

ヤングスーパーマン3 #60「未来からの叫び」/Crisis

今日もまた「デッド・ゾーン」のように未来からのメッセージがテーマ。時間のゆがみが・・・。運命って案外変えられるものなのかもって・・・・。

ラナがタロンでクロエと試験勉強をするので替わりにクラークがピートと青少年センターの「十代ホットライン」でボランティア活動をすることになった。そしてクラークが受けた電話はラナからのSOS。ラナの助けを呼ぶ声と銃声そして・・・・。ビックリしたクラークはタロンに急いで向かったがタロンでは何事もなかったかのようラナとクロエがいた。
その電話はどこから誰がかけてのか調査を始めたクラークだった。


そしてライオネルが極秘で研究を進めていたあの薬は実は・・・・。

クロエが音声ソフトでその電話の会話を分析。クラークの聴力で雑音を聞き分ける。するとアダムの声が。そして未来からかかってきた電話であることが分かってきた。ラナを助けたいクラークはいつになく必死。


ラボの移転に伴いライオネルに薬を全部持って行かれ、かくまっていたアダムを放り出すしかなかったテン先生。アダムは怒り狂い凶暴化してしまう。ラボに残っっていた人を殺しラボを抜け出しタロンにいた時に隠し持っていた薬3本を探してラナを追う。
そしてあの電話の会話のような状況が起こってしまった。ラナがアダムの薬をどこかへやってしまったと思ったアダムはラナを恨み・・・・。
急いで現場に助けに駆けつけたクラークはラナをかばってアダムが発砲した銃弾を受けるのだが不死身。その様子をしっかり見てしまったアダム君。自分の薬の原料もクラークの血液から出来ていると知っていた。しかし薬の効き目は限界に達し息を引き取ったアダム君だった。なんともかわいそうな最後でしょう。ラナはすっかりアダムに怯えていたけれど彼も生きる為に必死だったのでしょう。こんなことならライオネルの実験の被験者にならずに肝臓病で息を引き取っていた方がよかったはず。彼は死ぬ前にライオネルの被験者に自ら同意したのだろうか?前回のお話59話からしてもライオネルの勝手な実験だったはず。それを考えるとアダム君が可哀相でならない。
ライオネルって自分の利益の為には人間までも実験に使ってしまう恐ろしい奴。自分で言っていた様に悪魔のような親じゃないですか。


ライオネルとレックス親子。
自分の思い通りに進まないと実の息子であれはめてしまうライオネル。こんな父親だからこそレックスがダークサイドへの道を歩むことになってしまったのだろう。
ラボはレックスに極秘で移し、テン先生を失ってもさらに極秘で進めようとするのにはワケがあったようだ。実は自分が珍しい肝臓病に侵されていたのだ。これはやっぱりレックスに弱みを見せたくないライオネルだからであろう。そして最後は銃を手にしたライオネル。???

今日はイアン・サマーホルダーの出演最後のエピ。哀しかったけれどSFチックでなかなか面白い内容でした。




コメント

とうとうアダム君登場ラスト

痛々しい最後のアダム君でしたね。
アダムの内心はどうであれ、クラークにライオネルのことを警告して死んでいったというのは良い終わり方だったと思います。きっとクラークの心に留まったのではないかなあ。
アダム君が登場しない今後はレックス親子の動向をウォッチしたくなってきました。やはり血は争えない、似たところがあるのですねレックス親子。
でも、ライオネルって実は自分の病状に悩んでいる?というか、生きることへの執念みたいなものを感じますよ。

寂しくなりますね

モリーさん、こんにちは!
あの場でクラークがアダムのこと助けることできないのかな、なんて期待しましたが残念でしたね。これからもクラークに迫るライオネル。でもきとやっつけることでしょう。レックスの記憶を取り除いてしまった時もものすごくライオネルのこと怒っていたしね。

ライオネルはモリーさんはもう断念してしまった“チャーリー・ジェイド”のゼロワンの父・ブライオン・ボクサーといい勝負って感じです。やっぱりDNAよりも親子関係って大切なんですね。クラークがよい子なのもジョナサンとマーサに育てられたからですよね。
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

ヤング・スーパーマン  60話 未来からの叫び

ピートは自分が皆に助けられたことで青少年センターで10代ホットラインのボランティアをしていた。このセンターに同行していたクラークも電話を取ると、なんと!ラナからの「助けて」コールと銃声が聞こえてきた。銃を持つアダムに追われている未来のラナからの電話だった

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com