海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャーリー・ジェイド #16「帰還」
2007年03月26日 (月) | 編集 |
前回ガルトを調べたことでヴェクスコアの殺人鬼に追われることになったチャーリー。その殺人鬼は遺伝子操作で殺人マーシーンへと改良された人間だった。その殺人鬼抹殺の後一歩のところでチャーリーは幻覚が起こり取り逃がしてしまった。

ルビンスキーは幻覚をコントロール出来ないかと霊能力者のような人物をチャーリーに紹介する。さっそくその霊能力者を訪れたチャーリーは幻覚を見る人物・ジョディに聞けと告げられる。
ジョディに会いに行ったチャーリーはとうとう・・・・・・。


リーナは自分の別の人格を取り除いて欲しくてルビンスキーを訪ねる。そしてルビンスキーからベータ界にゼロワンがいることを聞いたリーナはガンマ界では偉大な人物・救世主であるゼロワンを訪ねることに。


とうとうチャーリーは幻覚をコントロールする能力をジョディに教わる。何と自然に受け入れればよかっただ。ジョディの説明はとっても分かりやすかった。くしゃみをするのと同じ。見るのを拒むから頭痛がしていたんだって。チャーリーいろんな所へ移動できるようになったじゃない。そしてとうとうアルファ界に戻ったチャーリーだった。


リーナはゼロワンを訪ねた。ゼロワンは座禅を組んで精神統一をしているところ。どう見てもバカ殿様にしか見えないよ。(笑)リーナの別の人格の女と話をすることに。彼女を呼び起こすためにリーナを気絶させる。「アリガトウ」ってワケわかんないけれど日本を意識したシーンってことね。(笑)そしてゼロワンに別の人格を追い出してもらえたんだよね?街を1人歩くリーナがいた。


アルファ界ではツカースがヴィクスコアの警備の仕事をしながら、姿を消したヴィクスコア重役達を調べていた。


ゼロワンやブライオンしか世界間移動できる者はいないと思っていたのに何とチャーリーにもその能力があったではないですか。難しく考えすきず簡単に受け入れる。これだったんだ。もちろんジョディや他にも幻覚を見る人はみんな出来るってことですよね。
次回はいよいよジャスミンと再会かな?チャーリーにはショックが大きいかも?そして世界を救うためにまたベータ界に戻るのだろうか?それともアルファ界でヴィクスコアと闘うのだろうか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。