海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングスーパーマン3 #59「帰ってきた男」/Resurrection
2007年03月25日 (日) | 編集 |
ジョナサンやっぱりまだ心臓よくないみたいで病院で検査を受けている。医師からバイパス手術を勧められている。今の状態だといつまた発作が起きるかわからない。でも手術で死ぬ可能性もある。このまま放置するよりも手術を勧める医師。迷うジョナサン。そんなやり取りを能力を使って待合室で聞いてしまったクラーク。

そんなクラークの前にギャレットが現れる。彼の兄さんもこの病院に肝臓移植を待って入院していたのだ。彼は両親を亡くし身寄りは兄さんだけ。そんな兄さんが肝臓移植が間に合わず突然亡くなってしまう。悲しみにくれるギャレット。そして彼の兄ビンスの遺体は怪しげなラボへ送られてしまう。そして・・・・。



オリジナル・TVサウンドトラック「ヤング・スーパーマン」 オリジナル・TVサウンドトラック「ヤング・スーパーマン」
TVサントラ、レミー・ゼロ 他 (2003/04/23)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

クラークはギャレットが一番大切な人を亡くし落ち込んでいる姿を見て自分に照らし合わせジョナサンに手術を受けて欲しいと頼む。ジョナサンはクラークの気持ちを受け止め手術することを決めた。

ギャレットはクラークの家に身元を一時引き受けることになった。そこへ兄ビンスの遺体の件で連絡が入った。ギャレットに許可なく火葬にされてしまったのか?兄が自分で決めたことなのか?ギャレットは怒りをあらわにする。
しかしそんな頃、怪しげなテン先生がいるラボでは大きな注射を胸に打たれたビンスが息を吹き返していた。ありゃ~、アダム君2号じゃないですか!!!一度死んだのに生き返った!!こ、こ、これがライオネルが企んでいる研究プログラムなんだ!何を研究しているのだライオネル。おまけにレックスと組むはずだったテン先生はそれ以前にどうやらライオネルと組んでいたではないですか。

レックスもテン先生の行方を追っていた。そこへクロエが情報を持ってやって来た。12年前テン先生の永住許可が下りたのは研究が認められたからではなかった。結婚したからだった。相手はルーサーコーポの警備員。ライオネルが偽装結婚の手引きをしたらしい。結婚相手は7年前に閉鎖されたメトロ製薬の警備員をしていた。そこはクロエの調査では今でも密かに人の出入りがある様子。怪しいその場所の調査を続けようと思うというクロエだが、ライオネルが絡む以上危険が及ぶとのことでその後の調査はレックスが行うことに。この2人いいね。すばらしい情報網。

兄を火葬されてしまったと落ち込むギャレットをなだめるクラーク。そんな二人の前に兄ビンスが生き返って現れた。メトロポリスのラボで女の先生に注射を打たれて息を吹き返したというビンス。喜ぶのもつかの間でアダム君と同じで目から血が!!そして苦しみだして倒れてしまった。すぐに病院に運び込まれたビンス。この後ギャレットは兄を助けたい一心でとんでもないことをすることになる。

そんな頃ジョナサンの手術が行われようとしていた。ジョナサンは自分の側にいるよりもギャレットを救ってあげるようにクラークに言う。そして病院を出たクラークはラナに会いギャレットとビンスのことを話し、ラナからアダムと同じ症状だと、また注射は生きる為の薬だったのではと聞いたクラークは怪しげなラボを探し出そうとする。

そんな頃、ギャレットは医師に兄と最後の別れをするように告げられる。しかし、絶対に兄さんを死なせたくないギャレットは・・・・。

ジョナサンは手術の前にマーサにもしもの時の話をする。時が来たらクラークを行かせてやれと。でもマーサはその時は一緒に見送りましょうと言う。頑張ってジョナサン!!

ラボを突き止めたクラークは能力を使ってテン先生とレックスの会話を聞く。そして生きる為の薬(アダムも使っていた)をあっという間に盗み出しギャレットが待つ病院に向かった。


病院ではジョナサンの手術が始まっていた。その頃、ギャレットは体にクリプトナイトが原料の爆弾を巻きつけ兄ビンスに肝臓を移植しなければ病院を爆破すると病院にいた人を盾に立てこもってしまった。マーサやラナやピートまで。もちろんジョナサンは手術中。あ~どうしよう???

クラークが病院に着き、薬と人質の解放を交換条件に病院内に入ったクラークだったが、クラークが持ってきた薬を打っても効き目が現れず、クラークがだましたと思ったギャレットは手術中のジョナサンの肝臓を移植するように迫る。ジョナサンが危ない。どうするクラーク??メチャクチャ緊迫ムード。そこへ狙撃手がギャレット目がけて発砲。はずみで爆弾のスイッチを押してしまったギャレット。大変!!でもクラークが高速移動で爆弾を取り外し別の場所に運んで大惨事を防いだ。狙撃命令が出ていたけれど爆弾を持った者を撃つとこんなことが起こると考えなかったのかってちょっと疑問だけれどもね。クラークが居合わせたからよかったけれどもね。あ~ビックリでした。


アダムは生きていました。ライオネルには内緒でテン先生がラボにかくまっているっと言うのですが、薬のストックもあまりなく鍵つき扉と鉄格子の部屋に入れられているアダム君。背中しか見えませんでしたがとってもとっても痛々しい姿。可哀相過ぎる。まるで「ダークエンジェル」の研究所に隔離されていたミュータントみたいじゃないですか。ひど過ぎるよ!!


どうなっちゃうのかと心配したジョナサン。どうやら手術は成功して無事退院。ホッとです。

あのアンプルはクラークの血液と同じ反応をクリプトナイトに示した。どうやらライオネルが以前クラークから採取した血液を使って人間を生き返らせる方法を発見したと思うクラークだった。
クラークは自分の血液が人を救えるのなら名乗り出ようかと、そして父さんを救えるかもしれないとジョナサンに言うが、ジョナサンはいずれお前は多くの人を救うだろう、そしてそんなことをしなくても今でもクラークは他のものに変えられなくらい大切な宝物だという。素敵な親子。感動台詞でした。いいね~この親子。

しかしライオネルは死んだ人とはいえ、人間をモルモットのように実験に使っていた。いつになく恐ろしい奴だわね~。

そしてアダム君(イアン・サマーホルダー)の登場はモリーさんに教えていただいた情報によるとこの回はカウントされていない。次週は姿を見せてくれるのだろうか。でもなんだかかわいそうな最後を見ることになりそうな予感。涙・涙・・・。おろおろ、どうしよう???





コメント
この記事へのコメント
アダム君2号
こんばんは。
58話で研究ラボのようなところに繋がれていたアダムを見たときにもダークエンジェルのザックを思い出しちゃってましたよ。なんだか、どんどん可哀想になってくるアダム君です。
そしてビンスはアダム君2号でしたね!ビンスの埋葬の話が出たときに、まさかアダム君?とギクリとしました。それは違いましたが、とにかくライオネルのやること恐ろしいです。
それと対照的なのがジョナサン親子。相変わらずこちらの家族はホッとさせられます。
2007/03/27(Tue) 23:00 | URL  | モリー #-[ 編集]
お~ザックですね!
モリーさん、こんにちは!
あのシーンはまさにザック状態でしたね。あれだけクラークの恋のライバル出現っとヤキモキしたのにも~可哀相でたまんないです。死ぬ役ばっかりやだよ~。こうなったらもう他の作品での活躍を期待しましょうね。でも明日が見たいようでもったいないようであ~どうしましょう。残り1話。貴重な1話。可哀相な1話。・・・
ビンスの死体の替わりはライオネルなら何だって用意するでしょうが、そういう設定もありでしたよね。恐ろしい!アダム君じゃなくってホットでしたね。でも・・・・。あ~やだ~!!

ケント一家は素敵な家族ですよね。レックスがうらやましがるのがよくわかりますよね。レックスはあの父だからダークサイドに堕ちて行ってしまうんでしょうね。本当は可哀相な人ですね。
TBありがとうございました。
2007/03/28(Wed) 00:25 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジョナサンが入院する病院でギャレットと知り合うクラーク。ギャレットの兄ビンスは肝臓病で入院していたが容態は急変、死亡。しかし、死んだはずのビンスは生き返りギャレットの前に姿を現す。
2007/03/27(Tue) 22:12:00 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。