FC2ブログ

デッド・ゾーン3 #40「話すなら今」/Speak Now

今日はいきなり冒頭から結婚式に参列するジョニーが、結婚の誓いに“異議あり!”で始まるものだからビックリ。何事かと思ったらヴィジョンの中だったのね。でもどうしてヴィジョンでジョニーが異議を申し立てていたのかは・・・・。

今日結婚式を揚げる新婦はサラの友人マリア。
サラはジョニーが昏睡状態で入院中に研修医として働いていた彼女と知り合い友人に。そしてマリアの結婚相手のアレック、マリアの元婚約者ブライアンも研修医として当時その病院で働く仲間だった。だから今日の6人(サラ・ウォルト・ジョニー・マリア・アレック・ブライアン)は過去で繋がりありでヴィジョンも混ざってややこしい。

またこの3人は過去にウズベキスタンのひどい地震の際にボランティアの医師として派遣されていて、その現地でゲリラに襲撃されブライアンはひとり拉致され死亡したものだとされていた。

帰国後、マリアは悲しみの真っ只中、そしてアレックも妻をガンで亡くし二人は徐々に親密な関係となっていき結婚することになった。

ジョニーはヴィジョンでブライアンが生きていることを知り、バーディ牧師の協力を得て、ゲリラから無事解放され帰国することになる。
遺品だけで現在の現地までヴィジョンで見てしまう。これはあのシーズン2の29話「ハント」で遠隔透視センターのお話を思い出しました。

ジョニー&サラ&ウォルトの当時の関係と同じような状況下にあるブライアン&マリア&アレック。
ジョニーは結婚の誓いを交わす前にどうしてもブライアンが生きていることを伝えたいと言って聞かない。それはあまりにも自分が置かれていた立場に似ていてサラとのことがダブってしかたがないからだ。サラにもどうして待たなかったのかときつく当たってしまう。
やがてブライアンのことを探るうちにヴィジョンでサラが決断した日の様子を見るジョニーだった。

そして今度はサラが異議を申し立てたり、もうこの結婚どうなるのかと思ったけれどマリアはヴィジョンに頼らず自分で決断を下し、めでたしめでたしとなった。ほ~。

ジョニーはサラとのこと吹っ切れていると思っていたけれど、ものすごく心に引っかかっていたんだね。こんなジョニーだったからウォルトが悩み家を出た気持ちものすごーくよく分かる気がしました。しかしウォルトとサラは未来に向かってやり直す決断を下していてもうラブラブ。サラとウォルトのラブラブ振りやマリアの決断を見てジョニーもレベッカとの仲を進展させる気になったみたい。それで良いのよジョニー。一歩前進。

ブルースも未来の花嫁をヴィジョンでいろいろ見てもらっていたがついにヴィジョンに頼らず自分で行動を起こした。

未来なんてちょっとしたことで変わるんですね。だから大事な決断はヴィジョンに頼らず自ら下した方がいいってことですね。そのほうが未来に何が起ころうと乗り越えられるだろうからね。

ジョニーはサラに「なぜ待たなかった。意識を取り戻すと聞いたらどうした」と追求、結局その答えを聞きませんでしたがサラは1人答えていた。「待っていたわ」と。この答えは今のジョニーにはもう必要ないですよね。新たな道を歩む決心をしたジョニーだからね。



コメント

こんばんは。
ジョニーの結婚の誓いに異議アリにはビックリでしたよね。でも、皆がハッピーエンドだったのでホッとしました。
ジョニーが自ら進んでヴィジョンを見るために触れるのも珍しいなあと思いました。

時々ジョニーが・・・

モリーさん、こんにちは!
時々ジョニーの能力可哀想に思えるときがありますよね。今回は自分のこととダブってしまったのかものすごい勢いでしたね。
ジョニーにも幸せが来るといいですね。相棒はブルースが良いですが。
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

デッド・ゾーン 40話 話すなら今

今回のヒロイン、サラの友人で結婚するマリア役はFrançoise(因みになんと読むのでしょう?)さんでヤング・スーパーマン、57話「暴走の行方」ではメトロポリス大学の分子生物学テン教授でした。マリアの過去の恋人ブライアン役、Tobias Slezakさんはスターゲイト

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com