海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドクター・フー #26「嵐の到来」/ARMY OF GHOSTS
2007年03月07日 (水) | 編集 |
最終話前編・冒頭ローズが悲しげに語る・・・・。
「私の生まれた星。そして死んだ星・・・・・これは私の死の物語」これだけで胸が締め付けられそうになってしまう。いったいどうしてローズに何が起こると言うのだ???

ゴーストの軍団、トーチウッド、サイバーマン、戦争・・・・。

久しぶりにママの所に戻ったローズ。ママは嬉しくってローズやドクターに熱~いハグ。喜ぶのもそこそこにして時間を気にしている。10年前に亡くなったおじいちゃんがもうすぐやってくると。ママ頭が変になっちゃったの?すると本当にゴーストが現れた。ビックリしたローズとドクターは家の外へ飛び出ると外にもうじゃうじゃいる。誰も怖がる様子もない。そしてママは「昼間のシフトはすぐ終わる。」って言うではないですか?ほんと2分で消えちゃった。ゴーストにシフト?不思議に思ったドクターはゴーストを調べ始めた。そして辿り着いたのがなんと・・・。

ジャッキーの話によれば2ヶ月前突然ゴーストが現れ世界中が大騒ぎ。でもしばらくすると皆ゴーストになれてしまったという。ゴーストを愛する人だと望めば望むほどその人に思えてしまう。ゴーストはその気持ちを利用して現れているというドクター。ゴーストの目的はいったい?

ゴーストバスターもどきのドクターの登場と3D映像を見るときにかけるようなメガネは笑ってしまった。ジャッキーは懐かしい人が現れるからいいことだというがドクターは恐ろしいことだという。そしてゴーストの大元ので場所を掴んだドクターが向かった場所はなんと第16話「女王と狼(おおかみ)男」でヴィクトリア女王が大英帝国の存続とエイリアンとの闘いに備えて設立し研究を続けてきたトーチウッド研究所だった。ジャッキーをターディスに乗せたまま。

トーチウッド研究所に到着したドクターは所長のイヴォンヌが大歓迎で迎えてくれた。そしてドクターの連れを気にするイヴォンヌ。そしてジャッキーを57歳も一気に歳を取ってしまったローズだといって紹介するドクター。失礼しちゃうわねドクター。でもなぜ?

トーチウッドはエイリアンの物を研究し尽くしていろんな武器をそろえていた。しかし今だ解明できない謎の黒い球体の解明のために敵から情報を得るためにドクターは歓迎されたのだった。
そしてその黒い球体を見たドクターが言うには次空間の外で使う為に設計され船・ボイドシップ。ボイドとは次元と次元との間、存在しない狭間を言い、何も存在しない空間=地獄を意味するらしい。誰が何の為にこんな船を?探検or脱出のためなのか?

中に何かあると興味津々のイヴォンヌだがドクターは地獄に戻すと言う。どうやらこの球体が現れてからゴーストも現れだしたという。
レーダーの異常現象に気づいた研究所はその裂け目を調べていたら穴が開いてこの球体が現れ、さらに研究し続けたためにゴーストが増え続けたのだった。それはエネルギー源を確保できれば中東に依存しなくてよくなる、真の意味でのイギリスの独立を意味するという考えからだった。しかしそれはとてつもなく危険なことでドクターはゴーストのシフトを中止させようとするが、イヤピースで操られた社員達がゴーストシフトを開始し始めた。システムが乗っ取られ止めることができず大変なことに。ボイドシップが活動を始めてしまった。

ローズはターディスを抜け出しサイキックペーパーを持って一人研究所内に侵入し謎の黒い球体がある部屋に行き着いた。しかし正体がばれてしまった。でもなんとそこにはサミエルという名前で潜入していたミッキーがいるではないですか。彼は第19話「サイバーマン襲来」のパラレルワールドで別れもう会うことが出来ないはず。
しかしサイバーマンを追っていてもとの世界への抜け道を見つけ、サイバーマンを追ってやってきたのだという。なんだかすっかり凛々しくなったミッキーではないですか。球体の中の物をやっつけるためにやって来たと銃を向けるミッキーだったが球体から出現したのはなんとダーレクだった。

一方のドクター達はシステムを操っているものを捜し、なんとサイバーマンを見つける。サイバーマンはゴーストシフトを100%全開にしてしまった。そしてゴーストの軍団が現れた。なんとゴースト=サイバーマンだったのだ。世界中はゴーストがサイバーマンに姿を変え大パニックに。世界はサイバーマンに征服されてしまった。

サイバーマン達はボイドに突然やって来た球体をつけ地球にやってきたという。なんとサイバーマンとダーレクが地球に!!何と恐ろしい事態に。

2話にわたって繰り広げられる最終話。
ジャッキーがローズは変わってしまった。人間ですはないものになりつつあるという、そしてなぜドクターがジャッキーをローズと言って紹介したのかがとても気がかり。次週予告はサイバーマンが別の世界へ移動できるなら自分達も出来るというミッキーの相棒の台詞が意味する物は?なんだかちょっと期待できるのかな?それとも冒頭のローズの語りのように悲しい結末を迎えるのだろうか?
テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
次回予告より
NHKの次回予告(来週の主な番組から)を見るかぎりではローズの命と引き替えに(サイバーマン&ダーレクの)地球からの撤退を言い渡されたのかもしれないですね。
だからわざとジャッキーの事をローズと言ったのかもしれないし、あとはもう一人ビートが出てきます。
これは番組ラテ欄から私が予想している事です。日本ではあと一回の放送ですね。来年以降、の第2シーズンを期待しつつ今日は失礼します
2007/03/07(Wed) 15:08 | URL  | キャサリン #-[ 編集]
悲しげなローズ
キャサリンさん、こんにちは!
ローズの命と引き換えですか!差し出されたジャッキーが可哀想。でもローズを守るためしかたなかったのかな?(もう見つかっちゃいましたけれどね)
これで悪魔ビーストが言ったことはドクターすでに知っていたってことに繋がりましたね。
後1話で終わり。シーズン2が待ち遠しいですね。
2007/03/07(Wed) 20:02 | URL  | りり・か #-[ 編集]
> サイバーマンが別の世界へ移動できるなら自分達も出来るというミッキーの相棒の台詞

確かにこの台詞は意味ありげですね。他にも無数に平行宇宙があって、サイバーマンもダーレクも居ない宇宙に行く事が出来る、という意味かな。そしてその世界には別のローズが居て、平和に暮らしているとか。でもこれではやっぱり、「我らが」ローズは救えないわけですよね。
2007/03/07(Wed) 20:55 | URL  | X^2 #CypyILE6[ 編集]
気になります
X^2さん、こんにちは!
ローズが何とか救われないかってもう次週が待ちきれないです。別の世界のローズとこの世界のローズが一緒になってもいいからとにかく生きていて欲しいです。何とかならないのかな?最近のローズは確かにジャッキーが言うようにドクターに似てきて1人でだって頑張っちゃう。それが命取りになってしまうのかしら?ミッキーとミッキー相棒に期待したいです。そしてお茶らけ要素たっぷりのドクター・フーだけに笑って最終回を迎えたいですよね。
TBありがとうございました。
2007/03/07(Wed) 22:33 | URL  | りり・か #-[ 編集]
サイバーマン登場で
こんばんは。
さすがトーチウッド、サイキックペーパーが通用しませんでしたね。
ミッキー登場に興奮です。サイバーマンの姿を見たときにミッキーを思い出し、期待通りでした。でも、球体の中にダーレクは想像していなかったです。9代目&10代目ドクターでのキャラが勢ぞろいで次回はどうなるのか、ローズが一番の気がかりですよね。
2007/03/08(Thu) 17:59 | URL  | モリー #-[ 編集]
頑張れミッキー!!
モリーさん、こんにちは!
サイキックペーパー通用せずはさすがトーチウッド社員ですね。でもトーチウッドはエイリアンに備えての研究所。なのにエイリアンをおびき寄せてどうするのよって。これはもうミッキーに期待するしかないですね。頑張れミッキー、ローズを救え!!
キャラ勢ぞろい。ものすごく豪華なラストストーリーですね。でもローズは生き延びて欲しい・・・。
TBありがとうございました。
2007/03/08(Thu) 19:34 | URL  | りり・か #-[ 編集]
トーチウッドついに
トーチウッドってどんなふうに発展したのだろうって思ってました。やっぱり女王が発起人だからでしょうが庶民とは違うのよって態度でしたね。
ミッキーはもう会えないの!?って寂しかったので出会えて良かった。精神的に成長したみたいだし。

ローズのお母さんをローズと紹介したのは2人で捕まっちゃうと動きがとれなくなるからって単純に思ってました。
明日が待ち遠しいです。

TBさせて頂きました♪
2007/03/12(Mon) 17:50 | URL  | ぽっこ #WpkvM7rs[ 編集]
ミッキー再来
ぽっこさん、こんにちは!
トーチウッドはお金がかかっているようだけれどエイリアンおびき寄せてしまったのもトーチウッドかなっと。
立派になったミッキー再登場よかったですよね。最終話どんな凛々しい活躍を見せてくれるかが楽しみです。
ローズの身が気になりますね。いよいよ明日ですね。楽しみのようで恐ろしい。
TBありがとうございました。
2007/03/12(Mon) 22:01 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ドクター・フー 第26話「嵐の到来」. ローズの最後の物語.プロローグから少し重たい雰囲気で始まりました.最終話の前編です.現代へやってきたドクターとローズがジャッキーの元へ. 謎めいたゴーストが世界中にゆらゆらと現れますが,皆,悠然としています.最初に現れ
2007/03/17(Sat) 00:26:36 |  V.S.A.
シーズンフィナーレの来週に向けての展開。もの悲しさの漂うローズのナレーションから始まる。「惑星・地球、私が生まれた星、そして死んだ星。」(これってローズが死んだ歳は言っていない。)生まれてから1
2007/03/12(Mon) 17:45:37 |  ドラマがディナー
2話連続となる最終回。9代目ドクター&10代目ドクターのエピソードに登場したキャラが全て見られるかも?の大円団。バビロン5もシリーズ通しての上手い伏線の張り方に感激したが、ドクター・フーも同様!流石に歴史あるドラマだなあと思う。
2007/03/07(Wed) 22:31:45 |  海外ドラマ☆SFワールド
 今回は次回と連続ものなので、第二シーズン最終話の前半となります。「これは私の死の物語」というローズのモノローグは、悪魔の予言などのこれまでの伏線である程度想像していたとは言え、やはり相当にショックでした。 NHK-BS2 今回サイバーマンだけでなくダーレクも
2007/03/07(Wed) 17:45:00 |  Babylon5以外のメモ by X^2
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。