FC2ブログ

Invasion-インベイジョン #22「最後の波」/The Last Wave Goodbye

いよいよ最終話になってしまいました。前回の予告編は“驚愕の最終話”なんてものすごい内容をほのめかしていたので凄く期待していました。あまり期待しすぎていたためか、へぇ?そうなのそれでおしまい???っとちょっと物足りなさを感じました。なんだかスカーっとするような結末を期待していたのですが、それぞれの心の内は中途半端でTHE ENDだったような気がしてなりません。実はシーズン2も作製するつもりだったのだろうか?

Invasion: Complete Series (6pc) (Ws Sub) Invasion: Complete Series (6pc) (Ws Sub)
(2006/08/22)


この商品の詳細を見る


海へ次々と投げ落とされる人々。それを阻止しようとトムはトラックで1人反撃に出る。ラッセルが加わっり2人で反撃、そこへルイスとデイヴが軍を率いてやってきて鎮圧。しかしズーラは数名の妊婦とマリエルを拉致しどこかへ逃げた。こうしてズーラの大虐殺=大量EBE異変計画はあっけなく幕切れ。しかし町の半分の人々はすでにEBEと化していた。生き残った人も家族を奪われ呆然としている。


軍の尋問が終わったトムはラッセルと共に最初の拠点であったバッテリーパークに向かった。そこでトムはズーラと一対一の闘い。そしてトムの勝利。ラッセルはマリエルに妊婦達を水辺に連れて行って欲しいと頼まれ気が進まないまま水辺に向かった。
水辺に着いた妊婦達は、水の中に入りお迎えに来たオレンジ色のエイのような姿のEBEに抱き込まれ水深くに消えていった。その様子をマリエルとラッセルは見守っていた。


家族をEBEにされてしまったジェシーの友達はトムが諸悪の原因だといいトムをやっつける為にトム邸に銃を振りかざしルイス、デイヴ、ラーキン、キーラ、ジェシー、ローズを盾に立てこもった。町を建て直すのだと言って。
ジェシーの無線で助けに駆けつけたトム。銃を振りかざす男を止めようとして男の銃がラーキンに命中してしまった。ラーキンの命が消えようとしている。それを救えるただ1つの道は・・・・。トムはラーキンを抱きかかえ水辺に向かった。絶対死なせないと・・・。
ラーキンを水の中に放ち呆然と立ち尽くすトム。妊婦を見届けて帰る途中のマリエルとラッセルがトムの車を見つけ水辺に立ち尽くすトムの元へ向かった。トムのシャツは血が付いていた。何があったというラッセルの問いに答えられないトムだった。おわり。


わからない事だらけで終わってしまった。
●EBEの目的はいったいなんだったのだろうか?自分達の星が滅び子孫を残し生き抜く手段として人間を地球を選んだのだろうか?
●トムのラーキンの命を救う手段として選んだEBE化。それをラッセルは許すことが出来るのだろうか?トムはいったいラッセルになんて答えるのだろうか?ラーキンを救う為には仕方なかったとでも言うのだろうか?怒り狂ったラッセルが思い浮かぶ。
●ラーキンがEBEとして生還したらお腹の中の赤ちゃんは人間なんだろうか?
●マリエルのお腹は他の妊婦と違って発育がそれほど早くないようだがなぜ?
●水の中に消えた妊婦達は無事EBEベビーを出産し、また戻ってくるのだろうか?
●軍はEBEと化してしまった人を元に戻す方法を見つけ出すことが出来るのだろうか?
●このまま人類はEBE人間として進化していくのだろうか?

一番小さなローズはEBEとなってしまったママを一番冷静に受け止めていた。これも担任の先生の授業がよかったからなのか?
ま~、いろいろな疑問と恐ろしさを残したまま終わってしまったInvasionでした。人類が何者かに侵略される日が・・・。きゃ~。

ここで最後にインベンション全22話の中で私のお気に入りは、もちろん第14話「思い出」の半EBEデイヴのお話です。皆さんはどの回が一番のお気に入りでしたか?



コメント

打ち切りだったんですよ

打ち切りとは言え、一応の解決をつけてくれたと聞いていました。そのせいか、この最終話、私は納得しています。だんだんクリフハンガーに慣れてきてます(汗)。面白かったのでみてよかったです。
お気に入りは同じで14話です。あと印象に残るのは10話でルイスが腕を切り落とし悲鳴が…。これ凄かったですね。

わかっていたけれども・・・・

モリーさん、こんにちは!
見始めた最初っからシーズン続編がないのはわかってはいたものの最終回の予告編が“驚愕のラスト”と宣伝していたのであまりにもラッセルやトムに期待してしまいました。
そう言えばこのドラマSFドラマ、クリフハンガーで当然っていってもいいはずですよね。モリーさんに言われて今頃このドラマの良さを噛み締めています。(汗)やっぱりSF大好きモリーさんはさすがです。なんだかアメリカドラマの原点に戻った気分ですよ。最近「LOST」や「プリズン ブレイク」「24」「エイリアス」のようにそれで次はどうなのよってのに慣れちゃったのが原因ですね。「インベイジョン-Invasion」こそが元祖アメリカドラマと言っていいかもしれませんね。

お気に入りはやはりデイヴEBEですか。なんだか不気味さ漂うドラマの中にふぉんわかムードを感じれましたよね。それと10話ルイスの腕の件はトムがめちゃくちゃ恐ろしかったですね。
TBありがとうございました。

こんばんは♪
りり・かさんの記事を読んで思い出しましたけど、
マリエルも妊娠してたんですよね~。
ほんと、成長の度合いが違います…。
ズーラが死んだからって、何も終わらない感じでしたね。
お気に入りの回ですが、何話目とかは覚えていませんが、
やっぱり私もデイヴEBEですかね。そういうパターンも
あり?みたいな。
あとはトムがラッセルと手を組むところでしょうか。
人種(?)は違っても家族を想う気持ちは共通していた
みたいな…。
TBさせて頂きます。

デイヴ~

suubiさん、こんにちは!
とうとう終わっちゃいましたね。家族愛が盛り込まれていたのですっかりSFドラマだったこと忘れていましたよ。未知なるものはご想像に~ですね。
マリエルのお腹の中身もね~。(笑)
ズーラVSトムはヒーローストーリーを盛り込んだんでしょうね。なかなかいろんな要素含んだドラマでしたね。
お気に入りはやっぱりデイヴEBEですか。デイヴってなんだか憎めない奴、そのEBEだっただけになんだかよかったですよね。あれがラッセル半EBEだったらなんだかイメージわかないしね。(笑)意外とデイヴは人気あったのではないでしょうかね。
トムとラッセルが手を組みだしたのは19・20話あたりですよね。
>人種(?)は違っても家族を想う気持ちは共通していた
これですよね。凄く好い感じでしたね。
TBありがとうございました。

はじめまして

コメントありがとうございました。
早速お邪魔しにまいりました。
SF物に暗いからわからないことだらけなのかしら、と思いましたがりり・かさんも同様に思われているようで一安心です。
私のお気に入りはトムが自分が蚊帳の外にいることに気付いた回です。
あそこからキャラクターが変わってきたように思います。
すでに終盤のことですけれどね。
お初、ということでTBさせていただきます。


未知なるものは謎のまま・・・・

yashishiさん、こんにちは!ご訪問ありがとうございます。
モリーさんとお話していてSFってこと思い出しました。家族愛を凄く絡ませたドラマだったのですっかり忘れていました。ラッセルの行動がSFぽくなかったのかもしれませんね。あるいは「LOST]や「プリズン」の見すぎかもしれません。(汗)
トムは自分が小物だったと知ってからは、イメージチェンジでしたよね。
TBありがとうございました。


謎がほとんどが中途半端なまま終わっちゃいましたね。
ラッセルは戻ってきたラーキンと子供を受け止められるだろうか?
人間と混合種、混合種から生まれた生物と共存の道を探せるのか?
あとは視聴者の想像の世界。投げ出されちゃった気もするけれど、それなりに余韻を持たせたなって気もあります。
ラッセルの悲しむ顔が観たくないのでこの後の回がなくて良かったなぁとそういう思い方もしました。

TBさせていただきました♪

未知なる未来

ぽっこさん、こんにちは!
いろいろ知りたいこと残っていましたがこんな謎な終わり方ほかにも意外と多かったかなと最終的には思いました。「未知との遭遇」「TAKEN」「ツインピークス」「X-ファイル」などなども同様な投げかけ結末だったような気がします。どれも凄く言い作品だったと思います。最近は白黒はっきり結末のドラマの方が人気あるのかもしれませんね。それに慣れちゃったのかなっと思っています。
ラッセルの悲しむ顔を見ないためにもこれで終わってよかったかもしれませんね。
TB届いていないみたいです。良かったら再送していただけますか。
非公開コメント

トラックバック

Invasion-22「最後の波」

遂に最終回。 S1でキャンセルとはいうものの、一応の結末はついていると聞いていたので期待して視聴。

『Invasion』 第22話(最終話) “最後の波”

ひそかに(?)観続けていたインベイジョンが最終話を迎えました。一瞬、「あれ?最終回は来週だったかな」と思ってしまいましたが、間違いなく今回が最後でした…。再び嵐が上陸。大量に光るものが降ってきてい

最終話 インベイジョン 22話 最後の波 

打ち切りになったと聴いていたインベイジョンだが、この22話での終わり方は満足いくものだった。打ち切りになったと聴いても最後まで観てよかったという作品だった。

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com