FC2ブログ

Invasion-インベイジョン #20「吹き荒れる嵐」/Run and Gun

近づく新しい嵐ミランダ、とうとうトムとラッセルが家族そして町を守るために協力することに。

そしてEBEと化した者達は嵐が近づき不気味な行動をとる。
トムは、ズーラとの待ち合わせの場所。お互い信用できない仲になってしまったと。そして、ズーラを逮捕するトム。しかしトムの同僚マンガーがズーラを勝手に釈放してしまう。そして、マリエルの元にはこども達の身に危険が迫っているとほのめかすメッセージが届く。メッセージを送りつけたのはズーラの手先になってしまったトムの同僚マンガーのようだ。そしてトムがとった行動はまたまた恐ろしい。


ラッセルはミランダがイヴと同じ経路をたどってこの町に上陸するので道路封鎖を解くように市長に訴えるが気象予報を信じてなかなか理解してもらえない。そこへトムがやってきてラッセルに加担し何とかその場をしのぐラッセルだったが道路は3時に封鎖されてしまう。それまでに家族を連れて町を出るようにトムは言う。トムは残るつもりらしい。


ルイスは徐々に回復しキーラとさらに心を通わせる。

新しい嵐が接近、この後どんな恐ろしいことが待っているのかと考えたデイヴは人類滅亡のドキュメンタリー記録を残そうとしている。

ローズの学校の先生は怪しい雰囲気からてっきりEBEかと思っていたら死期が近い自分の立場から子供たちへの生のメッセージを送っていたのだった。小さな子供でも先生の死をちゃんと受け入れられるように。
そんな先生もデイヴはドキュメンタリーの記録に付け加えた。嵐が来ても無事でいてと・・・。

ラーキンはクビを覚悟で真実の報道をする。嵐がこの町にやってくると。しかし放送はそこでカットされる。しかし、住民には伝わったことだろう。

町から出る準備を進めるラッセル。公園事務所に銃を取りに行きモナから局長がブラック・ポイント入り瀬を封鎖したことを聞く。嵐が来ないと言っていた局長なのに疑問に思ったラッセルはブラック・ポイントに向かった。そこで見たものは?なんと水の中にたたずむEBE達の群れだった。まるで嵐が来るのを待っているかのように。そしてなんとズーラの指示で人間であるフランクが動いていたのだ。
人は恐怖のあまりズーラにまで従うようになってしまっていた。選択できるのは町を出ることしかなかった。

家族が町を出る準備を進める中、デイヴはこの町に残って全てを記録するという。そんなデイヴをラッセルは止めようとしない。なんだかおかしいな?って思っていたらそういうことでしたか。ラッセルがデイヴに「See You Soon」って。なるほどね~、男達でそんな話になっていたのですね・・・・。

家族をこの町から逃がす為にトムとラッセルが手を組みました。車を走らせ道路封鎖外へ出た2台の車は止まった。そこで初めてトムとラッセルの考えを聞いたのだ。ここまでくればもう反対しようがないマリエルとラーキン達。しぶしぶ子供たちを連れて車を走らせた。そしてトムとラッセルは町へ引き返した。

家族を乗せた車は無事非難することが出来るのだろうか?そしてトムとラッセルはどんな方法でEBEから町を守るのだろうか?

コメント

こんばんは。
トムとラッセルが町へ引き返すとは思っていなくてマリエルたち家族同様にびっくりです。
マリエルとラーキンの2人がいるから無事に避難できそうな気がします。トム、ラッセルを追わなければ。
しかし、水の中で待機するEBEたち、不気味でしたよね。

待機中

モリーさん、こんにちは!
ラッセルが別れ際のデイヴに対しての態度も変だったし、挨拶もなんだか“じゃあ、後でね”的な感じだったのでちょっと気になっていましたが、あそこで引き返すとは思わなかった。
待機するEBEは不気味。まるで戦闘に備えるロボット軍団のようでしたね。
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

インベイジョン 20話 吹き荒れる風

イヴの次にくるハリケーンはミランダと名づけられている。ズーラとトムの関係に亀裂が入り、ズーラを留置場に捕らえるトム。トムはズーラが集めていたEBE達を探しに、ラッセルは避難の準備をする。

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com