海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリズン ブレイク #17「失われたルート」/J-CAT
2007年02月21日 (水) | 編集 |
今日のマイケルは、火傷で失ったタトゥーの一部を取り戻す為にある行動を起こす。それが何と何と驚き!!名演技でした。

そしてもう1人スクレも、脱出ルートを守るためにチーム?の力を借りて一か八かの名演技をやってのけました。

ってここ刑務所内は腹の探りあい、だまし合い合戦だらけなわけなのね~。

で塀の外でも副大統領の近辺は、お互いなにやら腹にあり。誰もが自分のメリット最優先で・・・・・。

まあこのドラマの面白い所はそこらへんにあるのかな・・・。

マイケルは所長の妻の結婚記念日のタージマハルの模型作りで所長室。そこへタンクレディ医師があのマイケルの火傷に皮膚についていた布の繊維を持って登場。タンクレディや所長もマイケルの火傷の原因は囚人同士の争いかと思っていた。しかし刑務官の制服の繊維となれば刑務官の虐待を疑うことになる。そして・・・。

房に戻されたマイケルは、火傷で失った大切な設計図を思い出そうとイライラ。あまりにも複雑すぎて思い出せない。

相変わらず刑務作業続行中。そこへ撤収命令が。作業はもう十分、明日じゅうたんの専門の業者が敷きに来るので除草作業に移れと。ありゃ~大変!!床の穴が見つかっちゃう。っでベニヤ板を敷いてその上にコンクリートを薄く塗って乾かす。脱出の時が来たらまたハンマーで砕いて穴を開けるっとマイケルが指示。急いで作業開始。


ベリックはベリックの犬と化したラップ野郎がなかなかマイケルの情報を持ってこないの食べ物作戦はやめて新しい作戦に出た。房をイカツイでか男と一緒にさせると脅す。そして刑務作業の仲間入りをさせて探らせようと休憩室に連れて来る。あ~ぁ、また邪魔者が。
皆でラップ野郎を邪険にし外へ追い出し、コンクリートを塗る所まで進んだがまた看守がやってきてマイケルは所長がお呼び、その他の者は外の作業をしろと言う。もうおしまいか・・・・。

リンカーンの新たな処刑の日が決まった。でも所長から許可が下りないので相変わらず懲罰房に入れられたまま。

マイケルは所長に火傷の件で呼び出され、誰にやられたか答えられなかったので兄貴の隣の懲罰房に入れられた。
懲罰房に入れられたマイケルは、今まで全身全霊を注いできた計画がダメになってしまったと半狂乱。でもきっと途中から考えついたんですよね。どのあたりかな?名演技?それとも半分ほんとなのかもしれませんが見事精神科棟入りを果たしました。でも、私の読みは浅かった。マイケルが精神科棟入るのはルートを自分の目で見るためだと思ったけれどマイケルの考えは違っていました。あのつかの間のルームメイト、タトゥーを絵にしたヘイワイヤーが頼みの綱だったのだ。ヘイワイヤーに近づいた正気のマイケルにヘイワイヤーは、「あんた誰だ?」
ありゃ~、忘れられてる。マイケル大丈夫?


マイケルが懲罰房に入れられたことを知った残りのメンバー達は、カーペットの張替えに来るまでに穴を塞ぐための計画を話し合った。
スクレが房の穴から休憩室に行ってコンクリートを塗る。そして帰りは運動場をダッシュしろって。そんな無茶な。でも、スクレ、ちゃんとメンバーの協力を得て頑張りました。仲間の協力って?ティーバッグですよ。オカマちゃんから女性用の下着を手に入れてもらって、看守に見つかった時の言い訳に使いました。うまくベリックだませたようですがスクレも懲罰房入りとなってしまった。


ベリックがラップ野郎を脅して得た情報は、休憩室のじゅうたんが怪しい。さっそくじゅうたんを剥がすベリックだがスクレがきれいに元通りにしていて、ガセネタつかましたラップ野郎のトゥイナーはついに大男と同じ房に入れられちゃった。ベリックがじゅうたん剥がすシーンはメチャクチャドキドキしたけれどやったねスクレ!!



塀の外・・・
ブリンカーがリンカーンの父親を知っていた訳がわかった。
リンカーンパパはザ・カンパニーの元で働いていたことがあったのだ。そして組織を裏切ったと。リンカーンを選んだ理由はこの父親にあったのだ。組織も承知の上で。
頭脳戦ははザ・カンパニーに任せてボディガードをしっかりしろとブリンカーがケラーマンに一喝。しかしケラーマンの心にもなにやら思うものが・・・。


リンカーンの死刑は延期されたものの敵は存在すらない人物。LJは裁判では勝ち目はないとイライラ。でも敵は1つミスを冒していることに気づいたニック・ベロニカ・JLは井戸に残してきたクイーンをあたることに。しかしすでにクイーンは息絶えていた。クイーンが握り締めていた携帯電話を手に入れるためにLJが井戸の下に下りることになった。そこでLJはクイーンが残したDying Messageを見つける。「ケラーマン O.クラベッキ」と。でもLJの胸のうちに。どうしてかな?

ニックとベロニカがクイーンの携帯の充電器を買いに行った隙に、ネットで「O.クラベッキ」を調べ住所と電話番号を手に入れるLJ。そしてその番号に電話し留守電のメッセージの声があのケラーマンであることを確信したLJは1人行動を起こすことに。なんと「O.クラベッキ」はケラーマンのもう1つの顔であったのだ。ネットで調べた住所を訪れ、戻って来たケラーマンに向けて一発銃を発射。せっかくケラーマン追い詰めたのに惜しかったねLJ。家に侵入するのを近所のおばさんに見られて警察に通報されたんですね。LJは警察パトカーに。ケラーマンは善良市民のふりを。ちょっと残念。


スクレがうまく穴を塞いだが、リンカーン・スクレは懲罰房入り。マイケルは精神科へ。この後どんな作戦に出るのかなマイケル。
そして警察に捕まってしまったLJをベロニカ達はどうやって救い出すのだろうか?もしかしてフォックスリバー入りだったりして?

コメント
この記事へのコメント
LJ
LJはニックとベロニカのやり方にイライラして自分で何とかしようと考えたのでしょうね。それともニックを信用していないのかもしれないですね。そして、LJもフォックスリバー入りすると思っちゃいますよね。というか何とかこの親子会わせてあげたい気がします。
2007/03/16(Fri) 19:16 | URL  | モリー #-[ 編集]
みんなの努力
モリーさん、こんにちは!
脱獄メンバーが皆それぞれ頑張ってますます面白くなってきましたよね。
塀の外ではLJがちょっと失敗でしたが頑張っちゃいましたね。大人たちの考えではどうにもならないと切羽詰った行動だったのでしょうね。LJのフォックスリバー入り、その方が安全?かもって思っちゃいました。でも変な奴も多いですし・・・。
TBありがとうございました。
2007/03/17(Sat) 01:52 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今週の15日TV放映は、もう21話なんですね。レンタル(TSUTAYA)のほうはやっと準新作になりました。それでも7泊8日扱いだったので助かりますが。メインで2つのレンタルショップを利用しているので久々にTSUTAYAに行ったら海外ドラマコーナーが充実していて「刑事コロ
2007/03/15(Thu) 23:20:08 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。