海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリズン ブレイク #13「決行!」/END OF THE TUNNEL
2007年01月22日 (月) | 編集 |
ティーバッグに首を切りつけられたアブルッチ。発見が早かったみたいでヘリへ病院に搬送。その様子を脇でみる脱獄メンバー達。アブルッチは助かるのだろうか?
「これでメンバーは6人」なんて平気で言うティーバッグ。どうやら彼の犯行だとはバレてない。でも、シーノートに言わせりゃ「5人」。それってリンカーンも抜きってことでしょう。マイケルの計画にリンカーン抜きなんてありえない。処刑まで36時間と迫りパニック状態と言うことにされてしまったリンカーンは隔離房に監禁。マイケルにとってこれこそ予測不可能な大問題発生。窮地に追い込まれたIQ200のマイケル、どうやってリンカーンをメンバーに復帰させる?それが今日のみどころ・・・・。
スクレは病院に電話してアブルッチの様子を聞くが、病院は何も答えてくれない。まさかこいつらアブルッチが心配?てなわけないよね。アブルッチの飛行機が手配できるかが心配なんだよね。

リンカーンは隔離房に入ってしまったので計画は延期と言うマイケルに対して、他のメンバーは「次の作業で行く」と。ウエストモアランドまで「今やるべきだ」と言い出す。そしてマイケルも来いと。
イラつき途方にくれるマイケル。そんなメンバー達の会話が面白い。シーノートが場を仕切り、おしゃべりティーバッグが茶々入れる。シーノート、ティーバッグに対して「もっと新入り(マイケル)に敬意を払え・・・」なんて。やっぱりティーバッグが一番のみんなのお荷物なんだね。

アブルッチの飛行機があてにならなくなった今、新たな足としてシーノートが手配。シーノート家に電話するんだけれど妻や子はクウェートに兵として派遣されていることになっている。なんだそりゃ?そのための絵葉書だったのね。ちょっぴり良いパパ良い夫の顔を垣間見る。

房に戻ったマイケルは、悩み抜いてある一か八かの賭けに出た。左腕内側をカミソリで切り裂き、皮膚の下からなにやら取り出す。ここまで緊急事態のために計画していたのかと思えるぐらい。腕に埋め込んでいたものはなに?黒い丸いもの。正露丸かい?なんだろう?とにかくそれをスクレの母の十字架に忍ばせ、牧師にリンカーンへの祈りとして手渡してもらうことに。

そしていよいよその時が来た。メンバー達は最後の刑務作業に向かった。そしてリンカーンにはマイケルからの贈り物が牧師を通して届けられた。それを見たリンカーン。十字架で最後の祈りをって手渡されたわけじゃあないだろうといろいろチェック。そしてあの黒いまるいものと“8:10分に飲め”と言う小さなメモを見つける。
決行は9:00。刑務作業は5:00で終わり。残業できるようにわざと水道管を破り口実を作った。びしょぬれで三角座りで床に座るメンバー達。まるでいたずらした不良少年達が先生にお説教されているよう。そしてまんまとだまされるベリック。可笑しいったらありゃしない。

時間は8:10分、リンカーンはベロニカの話で迷いがあったもののマイケルが用意したあの黒い丸いものを飲み込んだ。すると激しい吐き気に見舞われ、あの脱獄経路となっている医務室に運ばれた。症状から見て食中毒のリンカーンの脇にはあの脱獄経路が・・。
そしてメンバー達は一致団結?して出発。そしてリンカーンのいる医務室の所まで行って見たものは・・・・。
なんと新しい配水管に取り替えられていたのだった。リンカーンの声はすぐそこにするのに頑丈すぎてビクともしない。そこからの脱出は不可能。憔悴しきったマイケルとメンバー達。“そんなのは許さない”とほざくティーバッグ。音を聞きつけその場に向かう看守。
一体どうなるこの計画&メンバー達・・・・。
つづく

檻の外では・・・
確かな証拠が手に入ったら死刑は中止できる段階まで来た。でもどうやってリンカーンに伝える。下手に動けばまたもみ消される。でも“打って出る、ゲームは9階の裏、他に方法はない”とついに行動にでたベロニカ。それは死刑中止の抗議が行われているフォックスリバー刑務所前に出向いているマスコミの前で訴えることだった。そしてベロニカは情報提供者が現れたこと、無実を晴らすことが出来るとリンカーンに伝える。マイケルが何をしようとも私を信じてと・・・。ここまではよかったのだがまだ確かな証拠を手に入れる前。事態はベロニカの予測しなかった展開へと進む。シークレットサービスの片割れがベロニカに情報を手渡す所をかぎつけられ、事件に関った人物リストを受け取ることができなかったのだ。しかし新事実、ステッドマンは生きていることを聞く。

全体的な感想・・・
マイケルの手渡したあの黒い丸いものを飲み込んだリンカーンの姿を見ていると、電気椅子よりこれでおさらばしてね。かと思わせシーンでしたが、一か八かの賭けに出たマイケル。今回もうまいこと考えましたね。さすがIQ200。あっぱれ、あっぱれでした。

医務室のゴミ箱のゴミを集めに来た作業員があの脱獄経路なる配水管をのぞいていたので、バレタかっとちょっぴり不安に思っていたら錆びて腐食していたので新しいのに取り替えてしまったのですね。そこに気づかれるとはマイケルも予測していなかったのね。困ったこれこそ大問題発生でした。

ベロニカと密告しようとしたシークレットサービスの男、2人ともちょいと甘くない?もうちょっと計画できなかったのかね?マスコミ宛にもう一通コピーを送るとか、自分が殺された時にはこの真実が暴露されるように計画を練るとか。ただベロニカに手紙を渡して自分と妻は姿を隠せるなん甘すぎるよな。

刑務所内も外も今日はあと一歩のところで残念でした・・・。
コメント
この記事へのコメント
塀の中の面々って家族思いの人が多いのね。
>正露丸かい?
確かに正露丸みたいでしたが、面白い!(爆)。

この分では1回目の脱獄は失敗って感じに思えますが…。
シークレットサービスさんは次々に人を殺していって罪にならないのかしらね?いくらシークレットサービスでもバレる日が来そうな、もしかして刑務所に行ってマイケル達と合流なんて?
2007/01/22(Mon) 18:37 | URL  | モリー #-[ 編集]
腕から取り出したもの??
モリーさん、こんばんは!
あれはいつか種明かししてくれるんでしょうかね?リンカーンが飲んだ直後はビックリしましたよ。リンカーンと同じく“マイケルなにしたの~”って思っちゃいましたよ。マイケルの秘密兵器でしたね。もしもの時の保険に埋め込んでいたのでしょうかね?
脱獄失敗、看守に見つかってどんな言い訳するのかしらね?
シークレットサービスは本来は大統領を守る組織。ありゃ最後には罪に問われて刑務所入りの可能性ありですよね。それはそれなり面白い展開が期待できそうですね。
TBありがとうございました。
2007/01/22(Mon) 20:08 | URL  | りり・か #-[ 編集]
腕に切り込み入れた時はヒエーーーー!!
(痛くて直視できないので…)
でしたが、身体の中にも仕込んでいるなんて…。
凄いぞマイケルですね。

たしかし、シークレットサービスの人、
あの紙だけじゃな…。別のところの置いておくとか…
思いっきり持って来てましたね~f--
まーあそこで取られるほうが展開として盛り上がるから?
なんでしょうが~~!

また続きが気になりますっ
2007/01/24(Wed) 11:32 | URL  | karsy #dGTKCXMw[ 編集]
さすがマイケル!
Karsyさん、こんにちは!
マイケルのあのシーンは見てられないって感じでしたよね。最初は傷を負って医務室に忍び込む手段かと思いましたが、リンカーンを助け出す道具でしたね。あっぱれマイケルでした。
アホなシークレットサービスがドラマを引き伸ばす役目でしたね。シークレットサービスにしては軟弱すぎですね。
2007/01/24(Wed) 12:08 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ティーバックに切りつけられたアブルッチは重症。ヘリで搬送されていった。これで、人数が6人になり、マイケル以外は脱出決行すると言い出す。だが、リンカーンは懲罰房行き。リンカーンが居なければマイケルにとっては意味がない。しかし、処刑まで36時間。死刑台の電気
2007/01/22(Mon) 18:24:50 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。