海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
2006年07月27日 (木) | 編集 |
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
(2008/06/04)
ジョニー・デップオーランド・ブルーム

商品詳細を見る


「パイレーツ・オブ・カリビアン」の2作目。3作目も同時撮影され、来年公開される予定。製作のジェリー・ブラッカイマーは6作目まで作成する予定と言っているらしいが・・・?

監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ役)
   :オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー役)
   :キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン役)etc

~ストーリー~
 1作目「呪われた海賊たち」で海賊バルボッサから、ブラックパール号を奪い返し再び船長となったジャック・スパロウ。だが最近何だか様子がおかしい。そんなジャックのもとへ、伝説の幽霊船フライング・ダッチマン号の船長である深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズから使いのものがやって来た。その内容は、その昔ジャックがブラックパール号を手に入れるためにジョーンズと交わした契約が終わろうとしているということだった。怯えたジャックは陸にあがるのだが・・・。
 そのころ、ウィルとエリザベスの結婚式が行なわれようとしていた。だが、ジャック・スパロウを逃がした罪で二人はベケット卿によって捕らわれの身になってしまう。しかし、その罪と引き換えにベケット卿はウィルにジャックがいつも肌身離さずもっている羅針盤を奪って来るように命ずるのだ。ウィルはジャックを探しに海へ・・・。
浜辺に停泊するブラックパール号を見つけたウィルはジャックと再会するのだが・・・。
そして、ジャックとウィル達のアドベンチャーが始まるのであった。

~感想~
 一言で言うとするなら、「面白い!!」ですね。もうディズニーのアドベンチャーの世界にいるような面白さですね。映像は、ディズニーランドにいるような錯覚さえ覚えるような感じでした。1作目はいつもはクールでかっこいいジョニー・デップがこの映画で演じるジャック・スパロウに度肝を抜かれ、その面白さにハマってしまい何度も見てしまいました。えっ、ジョニー・デップってこんな役もするんだ。ってびっくりでした。だから、2作目はとても楽しみにしていました。その期待通りの面白さでした。いや~、映画館でこんなに笑ったの久しぶりでした。
 ジャックが持っているあの羅針盤は北を示さない壊れたものだと思っていたのですが、違ったのですね。持ち主が欲しいものを示す、すごいものだったのですね。
 おちゃめで楽しいジャック・スパロウ、たくましくなったウィル。
 クラーケンに飛び込んでいったジャック。貴方のほしいものがそこにあったのですか?バルボッサ復活。ああっ、早く3作目が観たいです。来年5月26日全世界同時公開が待ち遠しいです。

PS.まだご覧になられていない方は、エンドロールの最後の最後まで観ることをお勧めします。1作目と同様“おまけ”がありますよ。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。