海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Invasion-インベイジョン #12「脅迫」/ Power
2006年12月20日 (水) | 編集 |
トムはマリエルに「子供達と冒険の旅に出る。それが君のためにもなる」と書置きを残していなくなったまま。何か手がかりがないかとラッセルとマリエルは家の中を探していると突然家に電気が戻った。そして不通だった電話も鳴る。電話の相手はトムを恨んでいるようなことを話す。そして家の外には怪しげな人影・・・。いったいなにがおきているのか?前回トムがテッドに連絡して「例の件だが、準備いいぞ」と言っていたのがこれなのか?マリエルを自分に引き戻す為の戦略なのか?

ラーキンはマリエルの家に飛び出したままのラッセルの様子が変なのでマリエルとの中を疑いだす・・・。

義理母殺しで捕まったクリスティーナはどこかに護送されるのかと思ったらトムの仲間の保安官達に沼に投げ込まれた。彼女もEBEになってしまったから水で溺れ死ぬことはないだろうと思っていたけれど、これはある所への入り口だったのですね。
トムとマリエルの家にはカギの付いたトムの部屋があった。カギを探し出し部屋に入ったラッセルとマリエル。まるで来る日のために準備をしているかのような独特な不気味な部屋。そこへまた電話が鳴りマリエルが出てみると相手はトムだった。子供の無事だけを伝えすぐに切れてしまった。

キーラ・ジェシー・ローズはトムの友人の別荘?に連れて来られていた。子供達に危害を加えるつもりがなさそうなトムだがトムの行動に唯一不信感を持っていたのはジェシーだけだった。
トムは車から引きづるようにして大きな黒いバックを家の中に持ち入った。それを見てしまったジェシーは不信に思いトムの部屋に行き開けてみようとしたらトムに見つかってしまった。しかしトムにて開けてもいいとの許可がでたので開けてみると鞄の中身は3人へのプレゼントだった。あの引きずるような重さのバック、絶対何か裏があるっと思っていたらやっぱりでした。ベットの下に同じようなバックを隠し持っていたのでした。そして子供達が寝静まってからトムはまたそのバックを引きずり持ち出して今度はボートに乗せて水の中にドボンっと捨ててしまった。中身はもしかしてマリエルの遺体?なんて思ったけれどどうやらこれはEBE合宿者へ物資だったのですね。でも疑問が残る。なぜわざわざ重いバックを車から降ろして一旦家に持ち入ってまたボートに運ぶってことするんだろうか?ジェシーにわざと見せる為?

デイヴとの電話中に怪しい人影に気づいたラッセルは、後を追い取っ組み合いになるが相手が2人になり捕まえるどころかやられてしまった。手当てしようとしたマリエルと怪我を負ったラッセルが2人でいるところをラーキンがやって来て見てしまいなんだかやな雰囲気に・・・。
そんな時にもまた変な電話が。裏切り者?とか企み?などと訳が分からない。やはりこれってトムがやらせてるに違いないですよね。訳がわからないラーキンは怒って家に帰ろうとしたので全てを話したラッセル。しかしラーキンには信じられないことばかり。やな雰囲気のまま帰ってしまった。その後またトムから電話が入り、マリエルと2人で話をした。内容は子供は明日の朝帰ってくるということのようだった。でもなんだか様子のおかしいマリエルだった。

朝になって子供達は無事帰ってきた。ローズはご機嫌。しかし昨日の電話でトムとマリエルの間で取引していたのだった。子供達はしばらくラッセルの所に預けることに。EBEになっても子供達を愛するマリエルにはこれがベストだと考えたのだろう。しかし、トムは失いかけたマリエルを引き戻す為にうまい計画を立てたものだ。いつも不気味さ漂うトムだが計画の為にはなんでもしてしまう恐ろしい部分も持っている。

マイアミ南西、海図にない小島では、あのトムが投げ捨てた大きな黒いバックを運ぶ青年達。軍隊のような雰囲気。そこにはあのスティーヴィ、デレク、クリスティーナもいた。皆はトムからのプレゼントを開けて大喜び。どうやらEBEにも銃は必要のようだ。そしてこれがトムがデレクに言っていた合宿というもののようだ・・・。

ラッセルのところに子供達が行くことになったのは良かったと思うが、トムはどうやって自分と格闘しているマリエルをEBEの仲間に引き込むののだろうか?マリエルはきっとラッセルに助けを求めるだろうしラッセルとラーキンの仲もなんだか微妙になってきている。まだまだなかなか複雑な問題が残っている。町の真実を知っているのはどうやらリーダーらしきのトムのよう。いやはやこの町はそして人々はどうなってしまうのだろうか・・・?
コメント
この記事へのコメント
トムの怪しさ増す
こんばんは。
ローズ、キーラ、ジェシーにトムが何かしたりしないかとドキドキしっ放しでした。トム、回を増すごとに怪しくなってくるので。
マリエルが子供達とは当分、一緒に暮らせなくなり涙していたシーンが印象的でした。トムと2人きりになってマリエルを真のEBE道に引き入れるのでしょうかね。
2006/12/23(Sat) 23:07 | URL  | モリー #-[ 編集]
トム・トム・トム・・・
モリーさん、こんばんは!
トム、も~怪しいより恐ろしすぎです。EBEとしてマリエルを好きになりマリエルをEBEにどうしても引き入れたいみたいですね。子供を使ってまで汚い奴です。
EBE合宿ちょこっと見れましたね。(笑)
TBありがとうございました。
2006/12/24(Sun) 01:51 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「子供達と冒険の旅に出るよ」という意味深なメッセージを残し、トムと子供達は姿を消した。このメッセージを見て今回は、頭の中が妄想だらけ。やっぱりトムは怪しいとか、ラッセルを襲った奴らの正体だとか。
2006/12/23(Sat) 22:53:28 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。