海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリズン ブレイク #10「策士」/SLEIGHT OF HAND
2006年12月10日 (日) | 編集 |
アブルッチの組織からの看守長のべリックへの賄賂が途絶えてしまって以来、刑務所での地位が替わってしまいなんだか小さく見えるアブルッチ。可愛くも見えるのだが・・・。
しかし、何とか刑務所でのアブルッチの地位を取り戻さないと刑務作業が出来ない。っと言うことは脱獄も不可能に。

そしてばかげた相談をマイケルに持ち出すアブルッチだが・・・・。
アブルッチを脱獄メンバーに引き込むための餌だったヒバナッチの居場所をフィリーに教えることを躊躇するマイケル。足の指を切り落とされても吐かなかった理由は、ヒバナッチは知らないでマフィアに雇われていた無実の男だったからだと初めてリンカーンに話すマイケル。彼は殺人の現場をたまたま目撃してしまい、殺人を許せないヒバナッチは証人保護プログラムによって家族と身を隠し法廷で証言しようとしている善良な市民だったからだ。

悩んだ末マイケルが考え抜いた策は、やっぱり天才だね~!お見事!!っと言いたくなるような作戦でした。お見事マイケル。そしてアブルッチ!!
その作戦とは、マイケルとフィリーが直接面会してヒバナッチの居場所を吐くというセッティング。さっそくアブルッチが組織に電話。ありゃりゃぁ、アブルッチ始末計画まででていたの。そりゃ大変。その後マイケルが電話。電話の相手の女性に「ヒバナッチのことで電話すると言っていただろう。今がその時だ」っと。
この番号もしっかりタトゥーに掘り込んで来ていたマイケル。IQ200もあるのに暗記してこなかったのか~ってちょっと突っ込みたくもなるが・・・。
本当にヒバナッチをマフィアに売るのかってヒヤヒヤしてフィリーとアブルッチとマイケルの面会の話を聞いていたが、これが2人の名演技だったとは。まんまと信じたフィリーはべリックの送金を再開し、アブルッチは刑務所での地位を取り戻した。
ヒバナッチ抹殺に向かったフィリー達マフィアは、マイケルの教えた家の前に張り込んでいた警察によってまんまと逮捕。国際銃器法違反etc。かなりヤバいらしい。それを知ったアブルッチは、マイケルの房にそのことを伝えに行く。「サイコーだよ」と。しかし、ベロニカの写真はムショを出たときの保険代わりに預かっておくと・・・・。

マイケルたちの計画を嗅ぎつけた囚人シーノートは刑務作業に加わることになってしまった。またまたメンバーが増えてしまった。ドンドン増えちゃう。大丈夫マイケル・・・。

最初はいらないっと言っていたのに最後の晩餐にブルーベリーパンケーキを頼むリンカーン。なんだかそんなのでいいの?って思ったけれどそれにはLJとの思い出がたっぷり詰まっていたのですね。リンカーンパパとジュニアの・・・。


塀の外では・・・・
シークレットサービスの2人の嘘が副大統領にバレ、副大統領は新たな策を取った。LJ探しをCIAに託したのだ。軽~いおやじに見えるが実は凄腕そう。ベロニカの前の婚約者セバスチャンを訪ね、彼を殺し彼からベロニカのアドレスを仕入、セバスチャンを装ってベロニカとメールのやり取りをし、居場所を突き止めてしまった。居場所を言わなかったベロニカだがCIAの男にはそんなこと十も承知の上だったのであろう。通信で居場所を特定してしまった。そしてニックの父の隠れ家にやって来てしまった。

JLは、とりあえずベロニカたちと一緒でホッとして見れるが母親を目の前で殺され、父親は後数日で死刑になる。とっても元気といえる状況ではない。

ニックとベロニカはエコフィールド社は、副大統領の次期大統領選挙の資金集めの幽霊会社だったことを突き止めた。

脱獄メンバーはドンドン増え、そして塀の外では恐ろしいCIAの男がベロニカ達を狙っている。どうなる次回・・・。
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
リンカーン、とうとう最後の晩餐、リクエストしましたね。パンケーキというとママの味かなと想像したら、リンカーンの味だったんですね。このシーン可愛そうでした。最初はリクエストを拒んでいたのは脱獄計画をあてにしてたけど、あと10日で少しあきらめが出てきたのでしょうか。
フィリーのことは、アブルッチ裏切るの!と私も騙されちゃいました。アブルッチも役者ですね。
LJとベロニカ、心配です。相手(CIA)は更に手ごわそうです。
2006/12/11(Mon) 00:17 | URL  | モリー #-[ 編集]
ブルーベリーパンケーキ
モリーさん、こんにちは!
リンカーンパパとジュニアの思い出はキュンとなりましたね。あきらめではなくLJに対しての思いを書き綴ったのではないかと思うのですが・・・。「ブルーベリーパンケーキ」一見なんてことない文字ですがそこにはリンカーンのLJへの思いがあったのではいかと・・・。
アブルッチとマイケルの演技は面白かったですね。今日の一番です。
CIA手ごわそうですね。大丈夫かなLJ達・・・。
TBありがとうございました。
2006/12/11(Mon) 02:57 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
すっかりアブルッチとマイケルの連携プレイに騙されてしまった。シーズン2、1話目先行試写会情報もCMでありましたね。「プリズン・ブレイク」の俳優、やはり飲酒運転!? のニュース。
2006/12/10(Sun) 23:47:20 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。