FC2ブログ

チャーリー・ジェイド #2「砂漠」

大企業ヴェクスコアの原子炉の大爆発によってベータ界に飛ばされてしまったチャーリーは砂漠に倒れて恋人ジャスミンとの幸せな時間を過ごす夢を見ていた。しかし綺麗な石を集めているという1人の少女ジョディに起こされた。彼女は大爆発が起こり放射能汚染の可能性があるという。チャーリーは爆発の時すぐ側にた。なぜ生き延びてアルファ界からベータ界に飛ばされたのか?そして彼女はチャーリーのことを透明だったというがその意味はまだ分からない。
チャーリーは普段から幻覚を見ると言ってベータ界やガンマ界を見ていたようだし、彼には何か特殊な能力があるのだろうか?地球に3つの世界が存在することをまだ知らないチャーリーは目覚めた世界に混乱する。しかし非難キャンプで1人のジャーナリストの男ルビンスキーと出会う。チャーリーに近づき、あまりにも親切なこのルビンスキーはなんだか胡散臭さを感じたがどうやら、今後ヴィクスコアの陰謀を暴き、チャーリーが元のアルファ界に戻る為の良きパートナーと成り得る人物のようだ。

ベータ界では、恋人ジャスミンは存在せず彼女と瓜二つの女性と出合ったり、アルファ界で自分を頼ってきた女性ケイティの話していた内容や爆発の時側にいたガンマ界の女性リーナとまた出合ったりとチャーリーの頭の中は混乱していた。もちろんパパルイスも存在しなかった。またリーナにも何か秘密が隠されているようだ。

一方、大企業の創設者ブライオン・ボクサーは、3つの世界を行き来し過ぎて体はぼろぼろに衰弱しきっていて、入浴も人の手を借りる始末、そして酸素マスクが手放せないような状況のようだ。ヴィクスコアを救えるのは彼のように3つの世界を行き来できる能力を持つ息子ゼロワン・ボクサーに託すしかないようだ。しかし、ゼロワンはハチャメチャな人間。はたしてヴィクスコアの未来託しそして世界を救う人物なのだろうか?そして父ブライオンは3つの世界を行き来し過ぎて衰弱しきっているのにゼロワンは平気なのだろうかという疑問も残る。

2話目からはFOXチャンネルで楽しむことにしたが、ゼロワンの吹き替えがなんとも違和感を覚え、そして主人公チャーリーの声はジャックとダグとダニーが混ざってしまって吹き替え版視聴を断念。次週からは字幕版を視聴予定。せっかく吹き替え版で楽に視聴できると思っていたのにゼロワンの吹き替えは合わなさ過ぎ~。も~リタイアです。


コメント

ゼロワン

ゼロワンの父の入浴シーン、「マイノリティリポート」の“プリコグ”的なものか!と期待したら、ただの入浴シーンでした。。。
チャーリーは救世主的な役割を担っていそうなので、まだ本人は気がついていないけど、ゼロワンと同じ違う世界を行き来できる能力があるのでしょうね。一番、知りたいのは違う世界を行き来する方法です。いつ解るのかな~。

ゼロワン父

もりーさん、こんにちは!
マイノリティのプリコグ的でなくってタダのヨレヨレじじいでしたね。そんなになるまで3つの世界を行き来してなにがいいんでしょうかね?ゼロワンもそうなる運命なのでしょうか?
3つの世界へ行き来するシーン早く見たいですね。モリーさんの好きなスターゲイトのようなのかな?
TBありがとうございました。

ゼロワンの声。

あれはダメですよね(笑)
初めて声を聞いて「はぁ~?」って思いましたもん(笑)
でも私は引続き吹替えで楽しみたいと思ってまーす。
チャーリーの幻覚って、彼の能力なのだろうけど、まだまだ
未開発な感じですね~。
TBさせて頂きます。

せっかくなのに

suubi さん、こんばんは!
せっかくFOXが吹き替え版用意してくれたのに残念です。私も最初の一声でダメ~でした。
チャーリーとゼロワンの絡みが楽しみですね。予告によると後半は一気に加速「LOST」みたいに、でどうなのよ~ってならなさそうで楽しみです。
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

チャーリー・ジェイド 第2話

『チャーリー・ジェイド』 第2話 “砂漠”うーん、やっぱりまだHPを読みながらでないと、すぐにわからなくなってしまいます…。っというか、今回やっと詳しく読みふけってみたので(笑)爆発でベータ界へ飛ばさ

チャーリー・ジェイド 2話 砂漠

チャリー・ジェイドの2話が放映されたのですが、ちょっと難解です。この難解をチャーリー・ジェイドが解いていき、元の世界へ戻るというものなので当然なのかもしれません。謎を解いていくとべクスコアの陰謀も解明されてくるということなのだろう。

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com