海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:オープン・ウォーター
2006年11月27日 (月) | 編集 |
オープン・ウォーターオープン・ウォーター
(2006/07/19)
ブランチャード・ライアン

商品詳細を見る


ダイビング雑誌に載せられていた実話にもとずいて製作され、全米では低予算映画というのに予想外の大ヒットを記録した作品。
何かの映画を見に行った時、予告編として流れていた。なんとなく見てみたいななんて思っていた。そしてレンタルショップでは“おすすめ”の札が出ていたので借りて観てみたけれども・・・。

スーザンとダニエルの夫婦は、お互いに日々仕事に追われ忙しく過ごしていた。そして7ヶ月も延期していたバカンスにようやく出かけた。そこはカリブ海。綺麗な海が広がる。翌朝、二人はダイビングツアーのボートに乗り込んだ。ボートはツアー客は満員。他のダイバー達と一緒にスーザンとダニエルも海に飛び込みダイビングを満喫していた。
しかし、スタッフの人数の数え間違えで、全員が揃ったと思ったボートは二人が戻っていないことに気づかず海に取し残し去っていってしまった。
ここからは大海原に二人きり。どこを見ても海・海・海の中に二人。他のボートが遠くに見え手を振るが気づかれず丸一日以上海の上を漂うことに。
途中クラゲに刺されたり、小さな魚に噛み付かれたり。しかし小さな傷から流れ出る血の匂いを嗅ぎつけたのかとうとう鮫が二人を・・・・。
しかし、二人はひたすら救助が来るのを待つしかない。二人がいないことに気づいてようやく救助隊が出るが・・・・。

忙しい最中79分と言う時間の短さに魅力を感じて見たけれど、なんとも後味の悪い終わり方でした。おすすめ度はう~ん?万人向けって訳ではないかな~。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。