海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BONES #20「移植された悲劇」/The Graft in the Girl
2006年11月20日 (月) | 編集 |
BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)
(2008/04/25)
ジョナサン・アダムズミカエラ・コンリン

商品詳細を見る


ブースとブレナンとアンジェラは、小児がん病棟を歩いている。
FBIのカレン副長官の娘エイミー15歳が1ヶ月前“中皮腫”胸部のガンと診断され病院にいることが多くなった副長官がここに報告に来ることを指定したからだった。
しかし、15歳の若者がかかる病気でないと疑問に思った真っ直ぐブレナンは・・・・。

カッコいいブースを病室に招きいれてくれたエイミー。
エイミーの憧れはフランスの画家ルソー、誰かと恋をして運転免許を取ってからルーブル美術館にいくのが夢。

またまたブレナンの追求が始まってしまった。中皮腫はアスベスト被爆が原因。何か思い当たることは?なんて・・・後ろでブースはハラハラ。しかしエイミーは1年前スノーボードで骨折して骨移植を受けていた。ハラハラのブースはブレナンを部屋から連れ出そうとするがそんなことお構いなし。“レントゲン写真見てせいただけます。”なんてどんどん進めちゃうブレナン。

レントゲン写真を借りてきて研究所の仲間と見てみると・・・。
骨に穴があって老化で起きる症状が見られた。記録ではドナーは25歳。とても信じられない仲間達。骨量の減少から見ても60歳以上のドナーと考えられる。骨の移植からエイミーはガンになったと考えて間違いなさそう。

エイミーの移植手術をしたドクターを訪ねるブースとブレナン。そして骨の生検をするようにいうブレナン。エイミーの生検を行ってみるとやはり骨の移植でガンになったことが確認できた。

移植コーディネイターとも会って話を聞くブレナンとブース。しかしバイオテックという提供バンクに聞くように言われる。

エイミーの絵をデジタル化するアンジェラ。アーティストどうし心が通じ合うのかアンジェラはずっとエイミーの側に。

FBIの管轄外ということでブースは休暇を取って調べることに。
エイミーと同じ日に同じドナーから移植された人物はすでに亡くなっていた。付近の病院でもバイオテックからの骨移植を行った多くの犠牲者がいた。そのすべての人の生検をすることに。これでFBIが殺人事件として扱えるようになったみたい。生検して初期の段階の人は助かる見込みがあるがエイミーは・・・。ブレナンは「あなたは多くの人を助けたたのよ・・・」なんて言うけれどエイミーだってまだまだ若い、生きたいに決まっている。とっても辛い・・・。もっと早くブレナンに会っていればと思う。

骨からその人間の住んでいたところまで割り当てる。凄いの一言。3人が該当しそれぞれ調べると1人に絞られたが・・・。
その妻が金目当てに?それとも斎場が怪しい?
斎場のショールーム?を見て排気孔があるのを発見したブレナン。粉骨を採取し研究所に持ち帰って調べるとエミリーに移植された人物のものと他に7人の粉骨が混じっていた。骨は専門家によって採取されている。斎場の男を取り調べるが・・・。途中であることに気づいたブレナンはコーディネイターオグデンの助手のコームを訪れていた。医師になったつもりで採取を行っていた彼女。ちゃんとした知識がないまま行っていたので彼女自身も中皮腫にかかっていた。そして何よりもこんなにたくさんの犠牲者を出してしまっていたことは許されることではない。

犯人がわかって事件は解決。しかしエイミーを救うことは出来ない。落ち込むアンジェラにジャックが助言する。なんだか最近のジャックなかなかやるじゃない。おちゃらけばかりのジャックじゃないぞ~。

ジャックの助言どおりルーブルを再現したアンジェラ。エイミーはとても満足そう。“恋なんて妄想”なんていうジャック。しかし15歳の女の子にとって恋って妄想かもしれないけれどとっても大切なことなんじゃないかな?しかしそればかりは本人にしか出来ないこと。
なんだかむなしさだけが残ったお話であった。


コメント
この記事へのコメント
若い人がこういう形で苦しむのはいたたまれませんね。あんなにしっかりして才能もあるのに。こういう感情をBONESは上手く扱っていると思いました。アンジェラが共感してくれるから、こちらもドラマに入りやすいです。
そしてこんな悲劇を二度と繰り返さないようにするため、移植には最善の注意を払って欲しいですね。TBさせていただきました。
2006/11/22(Wed) 00:04 | URL  | josetangel #mQop/nM.[ 編集]
josetangelさん、こんにちは!
アンジェラは「小さな死体」でも一番に落ち込んでいたし、普通人にだから私達一番近いのかもしれませんね。あの時は確かブレナンが慰めていたのに、このところホッジンズがその役目を。
夢多き15歳の少女がバかな大人の犠牲になるのはいたたまれないです・・・。
TBありがとうございました。
2006/11/22(Wed) 13:11 | URL  | りり・か #-[ 編集]
移植された骨から、あそこまでわかるものかと驚きました。
レントゲン写真だけ見て、ブレナンが不信に思うのもわかりますねー。
最近のジャックはなかなか良い味出てきてますよね~。
TBさせて頂きます。
2006/11/22(Wed) 13:46 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
suubiさん、こんにちは!
骨とレントゲンだけでまたまああそこまで分かるか~ってくらいの驚きですよね。
もっっと早くにブレナンに会っていたらってそれだけが心残りです。
ジャックなかなか大人な面を見せるようになって来ましたね。反抗期は過ぎたのかしら?
TBありがとうございました。
2006/11/22(Wed) 17:52 | URL  | りり・か #-[ 編集]
ジャックの恋の行方・・・
こんにちは・・・
ここ数エピソードでジャックが積極的にアンジェラにかかわろうとしているのがほほえましくて応援しています。切ないエンディングで、見ていて最後は涙がでてきてしまいました。こういうBonesも悪くないなと思いました。
2006/11/28(Tue) 20:42 | URL  | Alex #-[ 編集]
アンジェラ&ジャック
Alexさん、こんにちは!
あの二人は特に進展しないで今のままでいて欲しいです。っというよりアンジェラには普通の人がいいかと・・・(笑)
今回のエピは「小さな死体」以来のショックでしたよ。子供が犠牲になるエピは辛いです。
TBありがとうございました。
2006/11/29(Wed) 17:41 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
#20移植された悲劇/The Graft in the Girl ブース、ブレナン、アンジェラはカレンFBI副長官へ報告するため指定された病院の小児癌病棟へ向かう。彼はここで娘エイミーの看病をしていた。エイミーが子供の発症例が珍しい中皮腫による肺癌に侵されていると知り疑問に思ったブ
2006/11/28(Tue) 20:45:03 |  blog EVERGREEN
『BONES』 第20話 “移植された悲劇”いきなりハウスばりの診断を始めるブレナン。このキッカケが無かったらと思うと恐ろしいです…。FBI副長官の娘であり、癌に侵されている15歳のエイミー。ブレナンはレント
2006/11/22(Wed) 13:47:17 |  海外ドラマにハマる!
 アメリカの移植ビジネスの裏側が描かれ、骨の専門家であるブレナンの面目躍如、ブースはやっぱり頭のない熱しやすい刑事、という図式でわかりやすいお話でした。 それでも、ハッピーエンドとは言えなくて、切なかったですね。これまで何かとブレナンに「銃を渡すな」と..
2006/11/21(Tue) 23:51:57 |  Not Fade Away - ANGEL News
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。