海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LOST2 #43「再会」
2006年11月13日 (月) | 編集 |
今日はハーリーオンパレード状態のエピ。悩める悩めるハーリーちゃんでした。
 海岸では、ハーリーがリビーとジョギング。あれあれずいぶん親しくなってる~。やせなきゃいけないってハーリー。でもリビーは、あせらない、代謝は人によって違うからって。でも、代謝は関係ないって自分は病気だと言うハーリー。何の病気かについてはハーリーのフラッシュバックの中で原因らしきものを医者が言っています。そして病院で、やはり過去にある人会っていたみたい。「再会」ってそういう意味だったのですね~。でも、ハーリーはまだそのことに気づいていないみたい。そして自分が作り出した人物だと・・・・。
 で、リビーに大量の食料を隠し持っていたことを打ち明けた。やっぱりね~。サンの妊娠騒動の時もチョコ食べてたし少しは隠し持っているとは思っていたけれど棚を作るくらい大量に隠し持っていたとは~。リビーと二人でその食料をばら撒いて処分。もったいな~いと思いましたが、皆に分けたりするとまたまたどうして隠していたのかとか追求されたり人格拒否されたりするからこれが最良の策かな~って。
 こうして考えるとチャーリーも薬入りマリア像隠し持っていたし、まだみんな過去の行いから脱出しきれてないみたいですね。やはり、ソーヤーのいう人は変われない発言が分かるような気が・・・。でも、変わろうとする努力が必要なんですよね、きっと。ハーリー頑張れ!!
隠し持っていた食料を処分してホッとしたところに、皆があのパラシュートの定期便食料を発見して群がって大騒ぎ。まるでバーゲン会場。これにはハーリーもびっくり。そこで、ハーリーはいるはずのない病院での友達デイヴを発見し、後を追うのだが見失う。この島では多くの人がこんな経験しているみたいだけれど、ハーリーはデイヴのスリッパを手にしてしまった。あれ?現実なの?

デイブの姿を追ってもまた消える。ハーリーは、やはり自分がまたおかしくなっていると思い、病院で処方されていた薬をもらいにソーヤーを訪ねた。しかし、ソーヤーがからかったのでハーリーはソーヤーに飛びかかった。ひゃ~、いくらソーヤーでもハーリーが上に乗っかったら大変!周りにいたサンやジンたちもその光景にちょっと笑っていたがジンが止めに入った。私もその喧嘩のシーン笑っちゃいましたよ。ジンが止めに入ったけれどジン大丈夫?って感じ・・・。

皆に迷惑かけないように1人洞くつに移動しようとするハーリー。お医者様にデイヴは存在しないと事実を知らされてはいたのに、やはりデイヴがでてくる。ハーリーは病院にいてこん睡状態、そして島やすべてが現実ではない・・・と混乱させるデイヴ。崖から飛び込めば昏睡からさめるといって先に飛び込むデイヴ。このシーン映画「オープン ユア アイズ」orリメイク版の「バニラスカイ」のシーンと似ている。
崖で混乱するハーリーにリビーが近づく。リビーに会った気がするのは自分が夢で作り出したからだと、自分が幻を見ていると今にも飛び降りそう。でも、リビーの説得でなんとか現実に戻ったハーリー。リビーとハーリーはいつしか両思いになっていた。ハーリー素敵な人が出来てこれから立ち直れそう?でも、最後のフラッシュバックの病院のシーンでは・・・。大丈夫かな・・・・。

その他の人・・・
 ロックはやはり足の骨が折れてしまっているようで2週間は歩けなとジャックが診断。ジャックの“車椅子”の言葉を強く否定したロック。やっぱりせっかくこの島へ来て歩けるようになったのにまた元に戻りたくないよね。で、ケイトが海岸で松葉杖を探してくるって・・・。でもこの島って意外と何でもそろっているんだな。そんなものまで飛行機にあったのかな?
ロックは偽ヘンリーが逃げずに自分を助けてくれたのはなぜだとジャックに聞くと、ジャックは「自分の話が証明されると思ってたから」って。偽ヘンリー、サイードの執念にはかないませんでした。あの嫌味で嘘つきな偽ヘンリーでも、まさか墓まで掘り返すなんて考えもしなかったみたいですね。サイードやったね。すごくすっきりしたよ!

 そして、またまたサイードの偽ヘンリーへの尋問。ここでも嘘つきまくりの偽ヘンリー。すでに首の骨が折れて死んでいたとかなんとかかんとか・・・。で~も、そんな嘘にはだまされないサイード。しっかり遺体の男が持っていた財布の中までチェック済み。そして最後の言葉を紙幣に書き残していた証拠までちゃ~んと持ってきていました。サイードさすが!!すごいです!でやっぱり、尋問に引っかかった偽ヘンリー。“彼に・・・”ってやっぱりアザーズの仲間だった。でもそれ以上白状しない偽ヘンリーに銃を向けたサイード。やっぱり本気だった。あの夜サイードがアナに話した気持ちは。偽ヘンリーがアザーズだったらタダでおかないと真顔でしたものね。でも、何とかアナがその行為を妨害して偽ヘンリーは死なずに済みました。アナも過去に経験ありじゃないですか。でも人のことなら止めれるのね。

 エコーさんは、相変わらずこつこつとなにやら作っています。何を作っているのかチャーリーにも言わない。教会でも作るのかしら?

 偽ヘンリーに少し好感?を持っているロックはまた彼とお話することに。しかしそこで聞いた話は・・・。
このハッチはジョークだと言う偽ヘンリー。入力なんてしなくってもタイマーはまた普通に108に戻ったと、そしてなにもおこらなかったと言う。入力に必死になっていたロックにとってこれはショックだったでしょうね。私的にはやっぱりね~っと思ったけれど、何かあったほうが面白かったかも。

ps.デイヴ役の人どこかで見たんだけれど思い出せない・・・。
テーマ:LOST
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ソーヤーVSハーリーには笑ってしまいましたね。
ソーヤー、先週もジャックにポーカーで散々だったのをツイ思い出してしまいました。
胡散臭いヘンリーの招待を突き止めてくれたサイードにはホント拍手です。
数字の入力は、しなくても何も起こらないって拍子抜けです。ここまで引っ張っておいて!


PS.
りり・かさんは映画も詳しいのですね。「バニラスカイ」なるほどと思ったのですが、あれリメイクだったんですか。知らなかった。。。
2006/11/13(Mon) 20:56 | URL  | モリー #-[ 編集]
デイヴ。
私もどっかで見たなぁって思ってたんですが、他の方のブログでわかりました。
「SEX AND THE CITY 」のシャーロットの旦那さんです。見てました?

リビーの過去には驚きましたね~。そうやって他に気をそらさせて、
本来のストーリーが相変わらずなのをごまかすのか?!みたいな(笑)
エコーさん、やっぱ教会作ってるんですかねー。
TBさせて頂きます。
2006/11/13(Mon) 21:42 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
ソーヤーVSハーリー
モリーさん、こんばんは!
ソーヤーも銃や薬を独り占めするから、いろいろいやな目にあうですかね?もう、笑っちゃいました。
偽ヘンリー対策にはサイードですね。なんかサイードにはいつもすっきりさせられます。数字の入力はほんとに何もないのかな?なんかそれだと期待はずれって感じですよね。
崖っぷちから飛び込むシーン「バニラスカイ」でしょう~。私は、トムさん版よりスペイン版の「オープン ユア アイズ」のほうよかったです。内容はほとんど同じ、そしてペネロペ・クルスも2作品とも出演しているんですよ。
TBありがとうございました。
2006/11/13(Mon) 23:23 | URL  | りり・か #-[ 編集]
デイブ役
suubiさん、こんばんは!
デイブはそちらのドラマに出ていたのですか?私はちらちらと見たことはあるのですが、シャーローットの旦那さんでしたか。私が見たのはそちらのドラマではないような?やっぱりインパクトのあるお顔立ちなので他にもいろいろ出演なさっているのかな?
今日は、主役のハーリーを食う出演振りでしたものね。
ほんとストーリー自体なかなか進みませんね。相変わらず謎だらけ~。
エコーさんといえば教会かな~って思って。何でしょうかね?
TBありがとうございました。
2006/11/13(Mon) 23:38 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『LOST』 シーズン2 第43話 “再会”ハーリーが、自分が隠し持っている食料をリビーと一緒に楽しく処分♪その後なんだか良い雰囲気になったけど…。ジンが空からの大量の食料を発見。皆たかりまくってます。チャーリ
2006/11/13(Mon) 21:43:14 |  海外ドラマにハマる!
ハーリーのフラッシュバック。だけど、どれが現実なのか、観ているほうも混乱してくる。ハーリーはハッチから大量の食料をキープしていた。今の自分から変わりたいとリビーに打ち明け、思い切って食料を処分。ところが、パラシュートで物資が島に到着したものをみつけた生存
2006/11/13(Mon) 20:28:45 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。