海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sherlock/シャーロック 第2話「死を呼ぶ暗号」、第3話「大いなるゲーム」
2011年08月26日 (金) | 編集 |
Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]
(2010/11/09)
Benedict Cumberbatch、Martin Freeman 他

商品詳細を見る


1話目がすごく面白かったので2話目、3話目も続けて楽しみました。実に面白かったです。
あのホームズがほんとうに現代にいたらどう推理したんだろうって時々ドラマなんか見てたら思うことあったけれども、その希望を見事にかなえてくれたようでとっても楽しめました。次のシーズンがとても楽しみです。

2話の「死を呼ぶ暗号」
は「踊る人形」「這う男」「高名な依頼人」などのお話から成り立っているのかなぁなんて思いながら楽しみました。(もっとあったかもしれないけれども)
「踊る人形」のあの暗号は先日見た「HAWAI 5-O」でも出てきて、そのまんまシャーロック・ホームズの小説をたよりに暗号解読してましたけれどもこのお話では中国の数字でした。
3話の「大いなるゲーム」
は「ブルース・パディントン設計書」に「ライオンのたてがみ」「グロリア・スコット号」「「ボヘミアの醜聞」「オレンジの種5つ」それから「緋色の研究」はまだ続いているようだしって至る所に原作集がほどなく散りばめられていて、あのお話をこう現代風にアレンジしたんだと考えながら見ているだけでもワクワクとっても楽しめました。また原作のセリフそのまんまが使われているところあったりとか、もう嬉しい限りでした。例えば「僕が犯罪者でないのを、社会は祝福すべきだよ」とか、地動説をワトスンとホームズで議論するシーンだったりとか、関係者から情報を引き出すための巧みな話術などなど・・・。
最後のプールでのモリアティとの対決は「最後の事件」の崖っぷちでのふたりの対決にしては、少々物足りなさを感じるし、続きがあるよってところで終わってしまったのでこの展開をどうどのお話に続けてくれるのかってのが楽しみだ。

しかしやっぱりファーストネームで呼び合うのは3話見ても耳慣れない。やっぱり「ホームズ」「ワトスン」でしょ。もう一つ欲を言うとあのトレードマークのような鹿撃ち帽とパイプがないのが寂しい。せめて鹿撃ち帽を現代風にアレンジして何かトレードマークとなるような帽子が欲しい。
それからマイクロフトとホームズの関係はこれほど確執はなかったように思う。兄が政府の仕事で手いっぱいの時にホームズの頭脳を借りるって感じでもう少しいい兄弟関係じゃなかったでしょうか?ホームズ自身もここまで高圧的でもないし、もっと英国紳士のイメージがありますが、現代となればそんな古風な紳士も少なくなったってことなんでしょうか。まああのトレードマークの虫眼鏡が現代風ルーペになったのはいいとしても。
っとちょっと文句言いたい部分もありですが、新しいシーズンが楽しみですね。

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)
(1953/10)
コナン・ドイル

商品詳細を見る


シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
(1953/03)
コナン ドイル

商品詳細を見る


シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫)シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫)
(1955/04)
コナン・ドイル

商品詳細を見る


シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)
(1953/04)
コナン ドイル

商品詳細を見る
テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
子どもの頃に少し読んだくらいでなじみが薄くてもとても楽しめました。
なのでお互いを呼び合う言葉「シャーロックとジョン」は、このドラマには合っていたかも…?と思いました。

>トレードマークのような鹿撃ち帽とパイプがない
「本棚探偵の生還」で、ホームズ蒐集家の方が、鹿撃ち帽をかぶっているだけのものまで集めているというのを読んだので(たとえそれがおっさんのコスプレでも見つけてしまったら欲しくなるのだそうですよ)、やはり譲れない線なのだな、と(笑)。

ホームズもの、いろんな出版社から出てますけれど、おススメはどこの出版社のものでしょう?
新潮文庫?
2011/08/27(Sat) 10:44 | URL  | カクテキ #4zcyvZFY[ 編集]
カクテキさん、こんにちは!
>集めている
私のようにいい加減読みしてない熱烈ファンならありでしょうね。
でも、私の周りにはそんな人いないので、何読んでるか聞かれるのちょっとはずかしいんですよ。かならず「子供のころ読んだわ」って帰ってくるから。いろんな出版社から出てますよね。好みはあるでしょうが、私は上記の新潮文庫の読みました。カバーも気に入ってます。以前空港で手持ちの本が読み終わりそうなので別の出版社から出ているのを購入したら不気味な挿絵いっぱい入りで残りを通勤電車で読むのが恥ずかしくなりました。(笑)
次のシーズンが日本にやってくるまでにどれか読んでおくといっそう楽しくなるかもしれませんね。私も忘れているところ多々ありなので読み返そうかなぁって思っているんですけれども他の本も読みたいし・・・。
2011/08/27(Sat) 11:40 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
創元推理文庫で「冒険」を読みましたが、読みにくさに閉口しました。
字が小さいうえにびっしりと詰め込まれた文字、文字、文字…(笑)。
本を読むのは好きなはずなのに、困りました。
なので読みやすさが売りのひとつである新潮文庫にいたします。
最初からりり・かさんの言うことを聞いておけばよかったです。
ものによってはカバーだけ新しくて、本自体は小さい活字のままだったりするのでネットでは買わずに本屋さんで文字の大きさを確認してから買うようにします。
2012/03/25(Sun) 10:41 | URL  | カクテキ #4zcyvZFY[ 編集]
カクテキさん、こんには!
私も大人になって改めてホームズシリーズ最初に読んだのが「冒険」です。
本が好きなカクテキさんでも字が小さくって読みにくかったですか。私は絵に困ってしまいましたが、先月ロンドンにあるシャーロック・ホームズ博物館に行ってきました。そこにも不気味な蝋人形がたくさんいました。(笑)
ホームズとワトソンが下宿していたあのベーカー街221bを忠実に再現しているそうです。ってことは創元推理文庫の方が本来のものに近いってことかもしれません。(笑)
今は、あまり時間なくって進まないんですが「叡智」を読んでます。これで全部読むことになるかなぁ。好きなお話色々ありますがホームズとワトソンの出会い「緋色の研究」も好きかな。ドラマでもありましたよね。「シャーロック」待ち遠しいですね。
2012/03/25(Sun) 17:49 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。