海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BONES #18「黒ひげの呪い」/The Man with the Bone
2006年11月06日 (月) | 編集 |
BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)
(2008/04/25)
ジョナサン・アダムズミカエラ・コンリン

商品詳細を見る


=海賊になったジャック・ホッジンズ?=

連邦政府所有地の近く、“黒ひげ”が宝を埋めたとされるアサティーグ島で見つかった死体(デッド・メイシー)が握り締めていたのは指骨。その骨の鑑定にブレナンをわざわざFBIに呼び出すブース。おまけに変人ハリーとご対面。これってなんの意味があるの?おまけにお粗末な保存方法で証拠を損傷していて、ブレナンはお怒り。
あの状態だとブレナンをわざわざFBIに呼び出す必要なんてなかったのではないか?ブースがリゾール液ビンに保存されているビンを研究所にもって行けば済むことではなかったのか?税金でまかなわれているFBIのお粗末な設備と大金を投じ恵まれた環境のジェファソニアン研究所を比較するためだったのか。後ほど出てくる骨盗難事件をクローズアップするためだったのか・・・。
研究所に持ち帰った指骨は、表面の微粒子は溶けてしまっていたが特質は残っており、何とか鑑定することが。指の持ち主は第三期の梅毒の症状、17世紀(300年前)の骨と分かった。
死体発見場所や指の持ち主がどの時代の人物だったかがわかってきて、ジャックやブースは、お宝は本当にあると海賊のように興奮気味。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のように私までワクワク!!

さっそく、死体発見現場の発掘場所へ向かったブースとブレナン。死体の男メイシーは、発掘の責任者だった。人を殺すほどのお宝が見つかったのか?一体誰が彼の命を奪ったのか?相棒のハードウィックor出資者ローズ?

ジャックは、サンタとは違う、海賊は実際に存在したと興奮気味。メイシーはシャフトの上で浮いていた。メイシーの肺にあった水と土を調べるジャックだが使い物にならないと現場に行きたがる。ブースにプロのダイバーでないとっと言われると、洞くつダイバーの免許を持っているというジャック。博士号3つにダイバーの免許まで持っている。まー凄いジャック。っということで現場に向かったジャック。
現場では大はしゃぎのジャック。本当に大丈夫って思えるくらいに。でさっそく潜ってみることに。水深60mまでスイスイと。ちょっと出来すぎじゃないと思えるくらいにあっさり記録を更新。そして300年前の完璧に揃っている人骨を発見。なんだか出来すぎる話だな~っと思ってみていると・・・。

ブースやジャック達男達は、お宝がある証拠だとか、黒ひげが殺した説など、もうワクワク興奮状態。
出資者ローズまで骨を返せと要求してくる。ローズがメイシーを殺したのか?メイシーと妻の不倫を疑う町長が殺したのか?

研究所では、作業台に置いてあった骨が無くなっていた。骨が消えたとブレナンはとても激怒。警備が厳重のはず。そそ、FBIより金銭面で恵まれている研究所のはず。警備が手薄なはずがない。なのに骨が紛失。一体どこに?誰が?警備員全員の記録を調べることに。

指骨はザックが調べていたので無事だった。骨を盗んだ犯人は調べられると困ることがあるみたい。一体なんでしょう?残った指骨を調べていると間接の先端部に針で突いたような小さな穴を発見。FBIのハリーがまた証拠を傷つけたのかと疑ってみたがどうやら違ったみたい。骨は洗浄後にシャフトに入れられたことが分かった。
骨はジェファソニアンで展示されていたものが盗まれて、発掘用シャフトに沈められたのでした。宝島の観光資源として。それをジャックが発掘し、またジェファソニアン研究所から盗まれた。なんと警備の手薄なこと。大金は警備には使われていないのか?

ジャックは、発掘現場で助手のデインと酒盛りし意気投合して盛り上がる。そしてまたまた潜る約束までしている。

ジェファソニアンの警備の軟弱さが情けなく感じたのか所長自らアンジェラと捜査をすることに。そして犯行当日にいた警備員を取り調べると2度とも彼の犯行だと分かった。1度目はメイシーにそして2度目はハードウィックに頼まれたと。そしてハードウィックを調べようとしたが彼も何者かに殺されてしまっていた。彼もメイシーと同じ死因だった。特殊部隊の技によって。特殊部隊に所属していた犯人は一体誰なのか?ブースの勘はあたっていた。犯人はデイン。
その頃ジャックはご機嫌でデインと水深12メートルまで潜っていた。“オイラは海賊だぁ”なんて・・・。
シャフトに到着したブースとブレナンだが、そこにはデインがいた。
デインは空気ホースにナイフをあて今にも切り裂こうとしている、そしてブースは銃を彼に向ける。緊迫した雰囲気。何も知らずに潜り続けるジャックの命は・・・。
シャフトの上では緊迫した雰囲気なのに、何も知らずに潜っているジャックが少し愉快。そして、ジャックはなんと本当にお宝発見してしまった。ジャックも純粋に宝を信じて潜ったと言うブレナンの説得でなんとかジャックの危機を回避することが・・・。

デインは純粋に宝の存在を信じ兄と潜ってきたのに、メイシー達がねつ造したことに腹を立てての犯行だった。

そして研究所に金貨を持ち帰って調べると本物だと言うことが分かった。大満足のジャックだったがその金貨は所長の手に・・・。
海賊は喜んでるかな?っと差し出されたアンジェラの似顔絵。“海賊ジャック・ホッジンズ”でした。でもジャック達男達は仲間とシャフトの底で眠りたかったのではと・・・・。

今日のお話は、夢を追い続ける男達ってとこでしょうか!!

PS.ジャック・ホッジンズ博士は、土壌学・植物学そして昆虫学の博士号をお持ちだと。それに洞くつダイバーの免許まで。ま~すばらしい。まだまだいろいろできそうなホッジンズ博士でした。
コメント
この記事へのコメント
ホッジンズがいきなり底まで潜ったのにはビックリ(笑)
っていうか、洞窟ダイバーってどういうのなのかなぁと。
普通のダイバーとは違う感じですよね~。
研究所の警備はお粗末でした…。
TBさせて頂きます。
2006/11/06(Mon) 21:39 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
パイレーツ
suubiさん、こんばんは!
今日は海賊物でワクワクして見ていました。私も男かい(笑)
「海猿」なんかの浸水訓練シーンなんかを見てたりするとあまりにも簡単に潜ってしまったホッジンズはちょっとビックリでした。洞くつダイバーって普通のダイバーより凄いのかしら?
大金が投じられている研究所のはずなのにどうして警備だけがお粗末なんでしょうかね。FBIが悪いのか?
TBありがとうございました。
2006/11/07(Tue) 00:10 | URL  | りり・か #-[ 編集]
こんにちは
BONESはどこかに「骨」さえあれば、後は遊んじゃってもOKというような、エンターテイメントに徹した部分がありますね。他の犯罪ドラマのように「こうあらねばならない」というような堅苦しさがないので、見ていても楽しいです。この調子でがんばってもらいたいなと思っています。
ホジンス役のTJ Thyneはダイビングは素人で、2日ほどの練習で撮影したというような事が書いてありました。(60m潜ったわけではないと思いますが)
TBさせていただきます。
2006/11/07(Tue) 18:17 | URL  | josetangel #mQop/nM.[ 編集]
ワクワク!!
josetangelさん、こんばんは!
今日は、事件ってこと忘れてホッジンズ同様楽しめました。彼はダイビングは素人なんですか。俳優さんは何でもこなさなければいけない職業なんですね。「HUFF」のウンチ袋ぶら下げ男まで。
TBありがとうございました。
2006/11/07(Tue) 18:54 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
#18黒ひげの呪い/The Man with the Bone 喉頭をつぶされた遺体の男性が、指の骨を握って死んでいたことからブレナンが借り出される。FBIの安置所で、骨が消毒液につけられて保存されているのを見て「証拠が破壊されている」と激怒するブレナン。研究所に持ち帰って調べると
2006/11/28(Tue) 20:22:37 |  blog EVERGREEN
またまた"Guy Thing"-男なら誰でも憧れる「海賊ごっこ」と宝探しで男子スクウィンツは大喜び、一方、ブレナンはFBIのキモい監察医Medical Examinerにカリカリするというお話。全体にお遊びの会話がたくさんで、書ききれません。いつものように凝った濃い内容で、
2006/11/07(Tue) 18:11:17 |  Not Fade Away - ANGEL News
『BONES』 第18話 “黒ひげの呪い”宝島とも呼ばれているアサティーグ島で、お宝発掘者の一人が水中シャフトの中で遺体で発見され、彼の手には大昔の指骨が握られていた─。コミックの話に続き、男の世界をキラキラさ
2006/11/06(Mon) 21:40:43 |  海外ドラマにハマる!
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。