海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FBI失踪者を追え!2 #24「クルーザーの秘密」/without a trace
2006年09月14日 (木) | 編集 |
~ストーリー~
フロリダへ向けて2ヶ月の旅に出た一隻のクルーザー。母と子供達を乗せて。しかし、翌朝、親子の行方がわからなくなっていて、頭をぶち抜かれた死体を乗せたクルーザーだけが港湾パトロールに発見された。一方、妻の転勤のため一緒にシカゴに行くことを決めたジャックは自宅で荷造りをしていたが、マーティンから連絡を受け捜査に加わることになった。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
FBI失踪者を追え!2 #23「自分を探して」/Without a trace
2006年09月07日 (木) | 編集 |
~ストーリー~
 なんだか浮かない顔で出勤して来たジャック。とうとうみんなに、奥様がシカゴのオフィスから昇進の話をもらってシカゴへ移ることになったので一緒に行くことに、そして転属願いを出したと、転属先では国内保安の仕事に就くこと、そして2週間後に出発であることを告げた。皆は驚きを隠せない様子。そんな中、マーティンはなんとか「よかったですね、もう決めたんでしょ。一緒に行くって・・・」なんてお祝いの言葉を述べている。ダニー、ビビアンは言葉もない様子。しかしサマンサはとてもショックを受けてぼろぼろに泣いている。涙が止まらないサマンサをマーティンが見つけちょっと驚いている。そこへ、ビビアンが仕事の話を二人に持ってきた。受付に女の子が相談に来ているので話を聞いてあげて欲しいと・・・。
 
FBI失踪者を追え!2 #21「ふたつの家族」/Without a Trace
2006年08月25日 (金) | 編集 |
~ストーリー~
裁判所の決定が出て死刑囚リチャード・ウィルソンの死刑延期請求が棄却され、予定通り金曜の午前0時に施行されることになった。リチャード(リッキー)が起こしたと思われる事件は、11年前に起きたコンビニ店長とたまたま居合わせた1組の夫婦を殺害した容疑だった。その事件は殺害された夫婦の5歳の小さな娘の目の前での犯行だったことから、世間のそして弁護士さえ冷たいものだった。そして被害者の家族も死刑を強く望んでいた。そんな中、息子の無実を信じ続けた父親は11年間、独自で調査を続けていたのだ。2年前からその事件の担当となったリチャード(リッキー)の弁護士はその決定に対し連邦最高裁に再審請求を起こすつもりであるいっていた。だがそれほどの熱意を感じるものに父には映らなかった。そしてその決定を聞いた後、父マーク・ウィルソンは姿を消した。死刑執行がタイムリミットで迫る中、FBI捜査官達の失踪者捜索が始まった。
FBI失踪者を追え!2 #20「人生の最後に」/Without a trace
2006年08月17日 (木) | 編集 |
~ストーリー~
 捜査官マーティンが家族同然に慕っているおばのボニーが家族に友人の家に行くといったまま戻らない。どうやら友人宅にも行っていなようだ。心配したボニーの家族はマーティンに助けを求めた。マーティンは休日を過ごすはずだったサマンサに協力を求め二人でボニーの足取りを追った。ボニーは7ヶ月前に乳がんと診断されたが、化学療法を受け結果は良好のはず。しかし、趣味のガーデニングに混じって大量の大麻を栽培していた。なぜ?痛みを和らげるためか、治療費を稼ぐためだったのか。浮気・自殺?冷静なサマンサのおかげでいつものように捜査を進めていくの二人。ボニーの安否は・・・。
 一方、ボスのジャックは父がいる高齢者用住宅を訪れていた。父はスタッフに暴力を振るい自分も腕を骨折したらしい。ジャックの父になにがあったのだろうか?
FBI失踪者を追え!2 #19「双子の兄弟」/Without a trace
2006年08月15日 (火) | 編集 |
~ストーリー~
バージニア州立大学で半年間バージニアビーチの調査をすることになっていた海洋生物学者の女性ジュリーが行方不明に。失踪後43時間が経過していたがFBI捜査官達の捜査が開始された。彼女がいなくなる前日壮行会が行なわれていた。そこに参加していた彼女の恋人グレッグそして友人エイプリル、そしてグレッグの双子の兄リックを事情聴取するが・・・。果たして彼女の身に何が起きたのか・・・?

FBI失踪者を追え!2 #18「父と母と子と」/Without a trace
2006年08月03日 (木) | 編集 |
心に残った1話

~ストーリー~
妻マーサ、夫ジョージ、息子ショーンは一見ごく普通の家族。妻はヘアーサロンを経営しており、夫は職場でちょっとしたもめ事を起こし強制休暇中のため、妻の仕事を手伝っていた。店の売上を銀行に預けに行くと言って出て行ったまま戻らなかった夫。出かける前に夫婦は口げんかをしており、最近、酒の量も増え何か悩んでいた様子の夫。またバーでは女性と会っていたという。夫の失踪は自らの意思によるものなのか?FBI捜査官達の捜査が始まる。捜査を進めていくうちに黒焦げの身元不明の遺体が発見される。ジョージなのか?DNAの鑑識結果待ちの中、さらに捜査が進められ、徐々にこの一家の内面が見えてくる・・・。





FBI失踪者を追え!2 #17「兵士とフィアンセ」/Without a trace
2006年07月30日 (日) | 編集 |
=心に残った1話=

~ストーリー~
イラクから負傷して一時帰国した兵士が失踪する。彼の失踪にはイラクでの出来事が関係するのか?ジャックとダニーはイラクへ捜査に。残ったメンバーは兵士のフィアンセ、兄、友人を調べるのだが・・・。


FBI失踪者を追え!2 #15「少年エリック12歳」/Without a trace
2006年07月30日 (日) | 編集 |
=心に残った1話=

~ストーリー~
授業中にトイレに行った少年が、そのまま教室に戻らなかった。トイレは、鏡が割れ血痕が残っていた。誘拐なのか?捜査官達の綿密な捜査が始まる。少年エリックの足跡をたどっていくと・・・?

FBI 失踪者を追え!/Without a Trace
2006年07月29日 (土) | 編集 |
~出演者~
アンソニー・ラパリア:ジャック・マローン役
ポピー・モンゴメリー:サマンサ・スペード役
マリアンヌ・ジャン・パプティスト:ビビアン・ジョンソン役
エンリケ・ムルシアーノ:ダニー・テイラー役
エリック・クローズ:マーティン・フィッシュジェラルド役

~ストーリー~
舞台は大都会ニューヨーク。ある日忽然と姿を消した人物を捜索するFBI捜査官たちの活躍にスポットを当てた1話完結のストーリー。製作総指揮を務めるのは、ドラマ「CSI」シリーズ、そして映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、「アルマゲドン」などを手がけるハリウッドを代表する大物プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマー。

人が忽然と姿を消す・・・。事件なのか、自らの意思なのか・・・。人の心の奥深く潜む闇。その闇をたどるヒューマンドラマ。

現在、Super! dramaTVにて第1シーズンをNHKBS2にて第2シーズンを放送中。

~感想~
このドラマを見るきっかけとなったのは、NHKBS2でやっていた「エイリアス2」を見ていて最終話の最後に『来週からは「FBI 失踪者を追え!」を放送します。』ってことで、なんだかそのまま自然に見るようになり現在シーズン2を視聴中。最初、サマンサの日本語吹き替えが先週まで放送していた「エイリアス」のシドニーの声(安藤朝吹さん)だったのですごく変な感じがした。まあ、いまではすっかりなれてしまったが・・・。それともう一人、ダニーの吹き替えが関西弁だったこと。声の主はドラマ「ER」のダグ・ロス(ジョージ・クルーニー)、「24」のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の吹き替えでおなじみの小山力也さん。京都出身ということだがいつもは流暢に標準語の吹き替えなのにこのドラマのダニーでは関西弁の吹き替えをしている。私自身関西出身(現在は関東に住み着いてかれこれ何年になるかな。でも関西弁は忘れてはいない)であるがちょっとこの吹き替えには度肝を抜かれた。このドラマのダニーはマイアミ警察からニューヨークのFBIに移って来たという設定になっているので、マイアミ=関西なのか、土地柄or人柄(関西人ぽい)をだしたかったのだろうか?ある雑誌の記事で目にしたのは小山さん自身のイメージチェンジをしたかったとか?どういう理由かはさだかではないが、このドラマで関西弁をしゃべるダニーは彼と言う人物の人柄を強烈に印象付けたに違いないでしょう。そして日本のファンを増やしたことは間違いないでしょう。そして、このドラマのファンを増やしたのもダニーの関西弁効果は大いに貢献したに違いないと思う。シーズン2では、妙な関西イントネーションは残るものの標準語を話すダニーになっている。いやぁ、標準語を流暢に話す小山さんなのに関西イントネーションを残した標準語の吹き替えをするなんてさすがプロ。これはダニーがニューヨークに馴染んできたことを出したいかったのでしょうかね。「了解っす!!」は今後も残していきたいと、先ほど記述した雑誌にも書かれていましたが・・・。「了解っす!!」は特別関西弁ってわけでもないけれどダニーが話すから人柄が出て良いんでしょうねきっと。
 私的には関西弁はダニー・テイラーより、エンリケ・ムルシアーノの人柄にぴったりするような気がするのですがね。
 いやいや、今回は吹き替えのお話ばかりになってしまいましたが、関西弁ダニーがこのドラマを引き立てていたことは間違いないでしょう。次回からまた時々心に残ったドラマの感想を載せたいと思います。
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。